• 20190916k32155
  • 20190916k32160
  • 20190916k32165
  • 20190915k32144
  • 20190915k32145
  • 20190908k72038
  • 20190908k72039
  • 20190908k72016
  • 20190908k72022
  • 20190908k72005

2019年9月17日 (火)

怪我の功名

20190916k32155
次のポイントも干潟は完全に水没、シギチは全く見えません。雑ガモらしきペアが居たので確認するために大玉出してみてたら真ん中にシギが居るではないか。
20190916k32160
お蔭様でアカアシシギ追加!
20190916k32165
結局マガモのエクリプスペアのよう。越夏したのか、早い御着きなのか?

2019年9月16日 (月)

結果オーライ

20190915k32145
シギチ調査の日、朝から潮位が高く干潟無くて反ってラッキー?で気を抜いていたら岩場からシギチを飛ばしてしまった(泣き)
20190915k32144
でも戻ってきてくれて、キアシシギ、メダイチドリ見ぃつけた。

2019年9月15日 (日)

アイドル

20190908k72038
とどめは手前の桜の枝に留まったサンショウクイ♂。カメラ目線で歌ってくれます。20190908k72039
この日集まった30人近いフォトグラファー&ウォッチャーの視線を独り占めにしました。最後までカメラ目線でした。

2019年9月14日 (土)

しまった

20190908k72016
サンショウクイに夢中になっているとその下でちょろちょろ動く影。
20190908k72022
センダイムシクイでした。大声でセンダイムシクイ!て叫んじゃったので奥に行ってしまった。

2019年9月13日 (金)

籠絡

20190908k72005
散々待たせた挙句、彼女がやっと現れました。遅いぞコノヤローとか怒っていても
20190908k72014
このしぐさを見せられたらズキューンなんです。

2019年9月12日 (木)

風格

20190907k72036
黒一色ではなくて茶や白い羽が混ざったカラス。堂々と車の近くに舞い降りました。

2019年9月11日 (水)

拒絶

20190907k72037
遠くにカワセミが留まっていました。近づかせてもらえませんでした。

2019年9月10日 (火)

バンバンバン

20190907k72020
山がだめなら田んぼはどうだ?ジシギはおらずシラサギばかり。するとクリークの向こうに変な首を見つけました。
20190907k72023
心躍らせながら数枚撮ると稲の中に消えました。でもでも画像確認してがっかり。バンも首を伸ばして立ったりするもんなのですね。

2019年9月 9日 (月)

ヘビーな一日

20190907k72018
台風の強風圏内のこの日、山は風の音ばかりで鳥の声は全くせずヘビーな一日でした。そのためでもないでしょうが見つけたのは蛇の骨。頭はどこへ行ったのでしょうか?
20190907k72040
そして先週のスズメバチ。

 

2019年9月 7日 (土)

大事

20190901028
一日中雨の日曜日でした。羽繕いは大事です。
20190901031
明日は探鳥会。たくさん来てくださいね。

«見送り

フォト

カテゴリー