• 20180502e7d2135
  • 20180502e1d4036
  • 20180502e1d4032
  • 20180502e7d2117
  • 20180502e7d2015
  • 20180502e7d2007
  • 20180502e7d2010
  • 20180502e7d2096
  • 20180502e1d4024
  • 20180502e7d2076

射程外


20180502e7d2135中州の波打ち際、キアシシギだけは手前でまったりしてくれました。反対側にはチュウシャクシギ、中ほどにはトウネン、メダイチドリが居ましたが射程外でした。残念。

鳥以下

20180502e1d4036 杭の上のホオジロ、のんびりまったりしているわけではありません。
20180502e1d4032 連れ合いが路上で食事しているのを優しく見守っているのです。昨今の世の中を騒がしているヒト♂sの言動を見ていると鳥以下だと思わずにいられません。

さすが南国、巣立ちも早い

20180502e7d2117 さすが南国、もうツバメの雛が巣立ち訓練しているのです。我が家はこの前偵察に来ていましたが結局よそに行ったみたい。燕さん、お待ちしております。

メタリック

20180502e7d2015 目の前のハシボソガラス、目と嘴がとってもメタリック。ひょっとしてBBCでおなじみの生態撮影カメラ?

メガクリクリ

20180502e7d2007 サンコウチョウの声が聞こえる林の中でじっと待っていたら、前方に目がクリクリのかわいい子が留まってくれました。
20180502e7d2010 見島以外で春に会うコサメビタキは貴重です。この後サンコウチョウが真横に現れましたが近すぎて撮れませんでしたcrying

早苗

20180502e7d2096 田植えが終わったばかりの田んぼを案内してもらいましたが、タカブシギさえも見つからない。そんななか、セイタカシギを見つけました。このところMFではご無沙汰なのでうれしい限りです。

ソングポスト

20180502e1d4024 朝から雨が降ったこの日、傘だけさして一回りすると木の天辺で鳴くオオヨシキリの姿がありました。散歩を終え車に戻り先ほどの場所に行くとまだ鳴いていました、近隣一帯のオオヨシキリに縄張り宣言しているのでしょうね。

風避難

20180502e7d2021 オオルリのよく見られる場所を案内していただきましたが、なかなか見つかりません。オオルリは強風を避けて谷の木の低い位置でうずくまるように囀っていました。

20180502e7d2076 お蔭で近くで撮ることができました。案内人に感謝!

忖度

20180502e1d4016 トビが2羽河口の岩の上に留まっていましたが、少し離れていて同じ画角に入らない!と困っていたら1羽が移動してくれました。これくらいの忖度はうれしい限りです。

残り鴨

20180502e1d4001 南へと移動したGW、なのに水辺にはヒドリガモペア。
20180502e1d4044 川辺にもまだまだたくさん残っていました。コガモの姿も。
20180502e1d4028 おまけにヨシガモらしいペアも飛んでいきました。

«一目瞭然

フォト

カテゴリー