• 20170615fz028
  • 20170615fz007
  • 20170615fz099
  • 20170615fz118
  • 20170615fz120
  • 20170615fz097
  • 20170520k1018
  • 20170520k1016
  • 20170520k1010
  • 20170520k1009

歌姫

20170615fz007 ゲーゲー鳴く日本の似た鳥を思いつかない鳥が居ました。画像でググってどうやらマネシツグミらしいことが分かりました。

20170615fz028 別の場所でとてもきれいな声で囀っていました。聞き惚れました。

ステージ衣装

20170615fz099 こちらで見るのとは全く異なる衣装を纏ったホシムクドリ。まさしくスターでした。

後の祭り

20170615fz118 あきらめきれず飛んでるカモメを片っ端から撮っては見たものも、黄色い脚のカモメは写っていなかった。ところがピンクの嘴に白い頭、体は背も腹も黒い?変なカモメを撮ってしまった。おそらくHeermann's gullではないかと思うのだが間違っていたらごめん。日本名はオグロカモメらしい。久々に持ち出したFZ150、少し練習してたらよかったとこちらも後の祭り。。

気まぐれなカルフォルニアギャル

20170615fz097 予習によると当地にはカルフォルニアカモメという足の黄色いカモメが居るとのこと。2日目の朝幸先よくその足色のカモメを見つけたのだが、小雨が降っていたのと時間がなかったのでNo Photo。これが後々までの後悔になりました。

20170615fz120 その後会えるのは足がピンクのアメリカオオセグロばっかり。嘴の黄色が鮮やかなカモメでした。気まぐれなカルフォルニアカモメには結局再会できませんでした。

本隊

20170520k1016 早朝の調査で迷子のチュウシャクシギを記録。午後クロツラ調査に西の干潟に赴くと120羽ほどのチュウシャクシギの群れ。思わず数えそうになってしまいました。

20170520k1018 別の調査地にも30羽ほど、まだまだ渡りが続いているのです。ちなみにクロツラヘラサギは2羽、0羽、1羽の計3羽でした。

思い込み

20170520k1010 ウグイスの大きな声がしました。茂みの中を探せど見つからず。でも木の天辺で鳴いてました。繁みに隠れて鳴いているはずとの思い込みはいけませんね。

定番

20170520k1009 オオヨシキリの季節がやって来ました。やっと撮影に成功しました。

20170520k1005 木の上でも鳴いてましたが、枝被りで難しかったです。

足元

20170520k1004 名物の彫刻の足元で、ムクドリが群れてました。

白鳥夢

20170514fz108 この像が悪魔の女性(魔女と呼ぶべき?)に見えるのは、僕だけだろうか?

20170514fz110 あの悪夢から6年を経て、ハクチョウが帰って来ました。
20170514fz109 子ハクチョウたちを見ていたら、心が癒されました。

タネアカシセキレイ

20170507k1073 海べりで盛んに鳴いていたセキレイ。日本固有種のセキレイに似ている。

20170507k1074 いやそっくりと言うべきか。とっくにばれているとは思うが瀬戸内のハワイは楽しかった。

«ハヌケトンビ

フォト

カテゴリー