• 20200802k32017
  • 20200802k32021
  • 20200802k32008
  • 20200607k1i043
  • 20200607k1i039
  • 20200607k1i008
  • 20200607k1i009
  • 20200607k1i014
  • 20200607k1i019
  • 20200517k1i059

2020年8月 4日 (火)

コンパクトな300mm

20200802k32017
新しい鳥見様式に携行するカメラにFZシリーズを使ってみましたが、モチベーションが上がりません。そこで色々と新兵器を探してみましたが、金銭的な限界もあり、なかなか決められません。で、ようやく目に留まったのがペンタックスの55-300mmのズームレンズ。沈胴型なのでとてもコンパクト。ボディはK32がそのまま使えるので安上がり。
20200802k32021
150-450に比べるととっても小さくて軽くて、被写体も小さいのは玉に瑕ですが、新しい鳥見様式には重宝しそうです。

2020年8月 3日 (月)

初めてのツアイス

20200802k32008

 新しい鳥見様式 と粋がっては見たものの現実は甘くないのでした。打開策としてとりあえずコンパクトな双眼鏡を手に入れました。これをハンドルポーチに入れて留まってすぐに取り出せるよう工夫しました。でも停車すると鳥って逃げるものなんです。それでも待っていたら逃げてったダイサギたちがじゃれながら戻ってきました。頭の恰好からまだ幼鳥のようでしたね

2020年7月 6日 (月)

新しい鳥見様式

20200607k1i043
鳥がれの季節になりました。例年この季節には困ってますが、遠出をすることもままならず、MFを車で回るのにのも飽きてしまいました。そこで新しい鳥見様式ということで、折り畳みのe-Bikeで鳥見をすることに。車では入っていけない小径にも入れるので何か凄いもの見つからないかなぁとか下心もあったりして。
20200607k1i039
でも現実は甘くないのでした。

2020年6月29日 (月)

エール

20200607k1i008
ホオジロからもエールをもらいました。
20200607k1i009
今月初めのことですが、月末になってやっと心に届いたようです。とはいえネタがありません。

2020年6月28日 (日)

サボタージュ

20200607k1i014
気が付いたら6月ももう終わり。
20200607k1i019
オオヨシキリがに励ましてもらってもなかなか心が晴れません。

2020年5月23日 (土)

肩こり

20200517k1i063
デスクワークしてると肩が凝りますね。じっとしているダイシャクシギも同じようです。
20200517k1i062
だから時々翼を動かします。
20200517k1i059
まるで肩を回しているよう。

2020年5月22日 (金)

密を避けて

20200517k72028
チュウシャクシギの群れがなぜか分散している気がします。
20200517k72047   
時節柄なのでしょうか?
20200517k72036
この春は奴らとは呼び難い雰囲気です。

2020年5月21日 (木)

夏羽ダイゼン

20200517k72006
干潟では白黒はっきりしたダイゼンたちが駆け回ってました。きっと入れ替わっているのでしょう。

2020年5月20日 (水)

遅いぞキアシ

20200517k72010
今日の干潟にはキアシシギの姿が沢山、夢の勢ぞろいはなりませんでした。
20200517k72038
違う場所ではアオアシシギの中に一羽混ざっていました。惜しい。

2020年5月19日 (火)

母の日

20200510k72020
母の日に珍鳥の連絡、時間がない中、助手席から探してみたのですが、ムナグロを見つけるだけで精いっぱい。
20200510k72022
もっとも自分で運転してたらムナグロも見つけられなかったかも。Kさん、また折角のお知らせを無駄にしてすいません。またよろしくお願いします。

«花愛でる暇もなく

フォト

カテゴリー