• 20200209k32071
  • 20200209k32075
  • 20200209k32067
  • 20200209k32063
  • 20200209k32068
  • 20200209k32057
  • 20200209k32060
  • 20200209k32051
  • 20200209k32053
  • 20200209k32032

2020年2月20日 (木)

20200209k32075
大物さんが来てると聞いたのですが見つからず。
20200209k32071
大物さんもこんな風に、あんな風に撮れたら。

2020年2月19日 (水)

真相は藪の中

20200209k32067
アカウソが出てくるのを待ってたら、別の鳥が藪に入ってきました。クロジの雌かと思ったのですが、帰ってパソコンでよく見ると若雄だったのかもと思いました。

2020年2月18日 (火)

藪の中

20200209k32063
桜の木をまたアカウソ現れないかなぁと見上げていたら、根元の藪の中で蠢く鳥影、アカウソまだ居てました。
20200209k32068
かなり近かったし空抜けでもなかったのですが、いかんせん藪の中でした。

2020年2月17日 (月)

青い鳥はここに

20200209k32057
公園を移動していたらルリビタキが飛び出してきました。とりあえずこの公園に今季もやってきてました。尾が青いので若雄かもと思いましたがよくわかりませんでした。
20200209k32060
きっともっと青い子もどこかに潜んでいるのでしょう。初めて見かけた場所なのでこれからはここも要注意ポイントに格上げです。

2020年2月16日 (日)

威風堂々

20200209k32051
平成の時代に角界で四文字熟語が流行った時期がありましたが、このシロハラには威風堂々がお似合いです。
20200209k32053
いや傍若無人の方が似合うかも。

2020年2月15日 (土)

新顔

20200209k32045
やはり山に行くと嫌なものが眼に入ります。最後は持ち場の沿岸警備、今季新顔の幼鳥ヘラサギがぽつんと立ってました。一応はながらみ。
20200209k32043
正面顔に、
20200209k32032
横顔をゲット。

2020年2月14日 (金)

花粉を食い尽くせ

20200209k32021
キジの後をつけていくとメジロが沢山、メジロが去った後にキクイタダキが居てました。

2020年2月13日 (木)

青い鳥はいずこ

20200209k32014
かって青い鳥を見かけた旧ガンカモ調査池も久々に訪ねてみました。カモはホシハジロ1羽のみ、調査地から外して正解でした。で、青い鳥は見つからず、そのまま山道を登っていくとキジに出会えました。
20200209k32018
青といえば青い鳥かも。

2020年2月12日 (水)

青い鳥を探して

20200209k32013
公園に青い鳥の気配がないので、あちこち探してみることに。繫殖鳥類調査以来に訪ねた場所ではシメに出会うも青い鳥は居ず。

2020年2月11日 (火)

パワースポット

20200202k32057
公園のいくつかあるパワースポットの一か所。ここで待つといろんな鳥がやってきます。この日もメジロと
20200202k32053
シロハラが食事にやってきました。

«尾羽

フォト

カテゴリー