• 20170319e1d41080
  • 20170319e1d41110
  • 20170319k1073
  • 20170319k1067
  • 20170319k1048
  • 20170319k1047
  • 20170319k1053
  • 20170319k1051
  • 20170319k1043
  • 20170319k1039

色付く春

20170319e1d41080 アオサギの嘴が赤くなり始めました。逆光に透かしたかったけど、失敗です。

クロクロ

20170319e1d41110 ズグロカモメもその名の通りに衣替え。クロツラヘラサギとのコラボレーション、東日本国民には垂涎なのでは。

しゃもじ

20170319k1067 久々にK川河口にクロツラヘラサギが戻って来ました。とはいえ遠い中州で休んでいたのですが、そのうち食事しに動きだし、そのうちの2羽が近くにやって来ました。

20170319k1073 嘴の模様が使い込まれたしゃもじのようできれいでした。

勝手に撮るんじゃねぇ

20170319k1047 その昔ヤツガシラが居た辺り、猫が鎮座しておりました。

20170319k1048 邪魔だけどかわいいなぁと思って撮ってたんですがご不満な様子で近づいてきました。ビビりました。

トムとジェリー

20170319k1043 この日はあちこちでトビとカラスのバトルを見ました。単なるモビングとは違うようで、縄張りを争っているようでした。

20170319k1051 繁殖時期だし、獲物はかぶるこの2種なので必死に闘っている雰囲気をファインダーの中に感じました。
20170319k1053 でも仕上がりはあまり迫力ないのです。トビじゃ仕方ないのかも。

売約済み

20170319k1036 岬には仲良さげなジョウビタキペア、縄張り争いすることもなく、つかず離れず行動してました。

20170319k1039 繁殖地に行く前からカップル成立しているのでしょうか、現地で探せばいいやと思っている奴は、出遅れ必至なのでした。

ホップ・ステップ

20170319k1026 日光で体を温めたヒメウが、海に戻り、茶色から黒色に、そして飛び立ち開始

20170319k1031 水の上を跳ねながら沖へと出かけていきました。

おさらい

20170319k1022 翼を乾かすウミウの背中、緑色が光ってました。ウミウとカワウの違い、いまさらですがおさらいしました。

大あくび

20170319k1017 岩礁にはウミウに混ざってヒメウが居ました。注目してたら大あくび。

20170319k1019 れから天にむかって伸びをしました。

本日天気晴朗なれど、波凪し

20170319k1004 去年は、オオハムやウトウ、ミツユビカモメまで大漁だったのですが、この日の海は穏やか過ぎて、ウミアイサすら全くいない。それでも岩礁にはたくさんのウたちが休んでいました。

20170319k1005 その中に白一点、オオセグロカモメ、時々飛んで獲物を探している風でした。
20170319k1007 何事?ウたちは遅れて首を伸ばしてました。

«渡り日和

フォト

カテゴリー