• 20180421k32070
  • 20180421k32030
  • 20180415k32004
  • 20180415k32006
  • 20180415k32027
  • 20180415k32031
  • 20180415k32013
  • 20180415k32011
  • 20180407k32079
  • 20180407k32046

一羽だけの春

20180421k32070 東の干拓地偵察、コチドリをやっと1羽見つけました。賑やかな春はまだ遠し。

目立ちたがり

20180421k32030 この時期にしては珍しくウグイスが堂々と歌っていました。なんでも毎日こうなんだって。観衆の前で歌うのが快感なのかも?

花の髄まで

20180415k32004 散った桜の花をヒヨドリが見上げていました。まだ食べるところが残っているのかしら。

ごちそう

20180415k32006 シロハラはまだたくさん残っていました。落ちた椿の花は思わぬごちそうなのかも。興味深げに覗いていました。

低空飛行

20180415k32027 トビがやけに低空飛行していました。眼下に広がるお弁当の中身を狙っているようです。気を付けてくださいね。

かくれんぼ

20180415k32031 新緑の季節になるとメジロは声ばかり。なかなか見つかりません。でもつつじの花が揺れてここだと教えてくれました。

そダニー

20180415k32011 頬にダニ付けたホオジロがいました。前に見たベニマシコに続いて2回目。結構あるのですね。
20180415k32013 近くで♂が心配そうにしていましたとさ。

一軍

20180407k32079 対岸にたくさんのカモメが居たので行ってみました。ユリカモメでした。強風の風向きのせいか基地近くにたまっています。

20180407k32046 ユリカモメにはすっかり頭の色が変わった個体がたくさん居ました。

2軍

20180407k32042 潮が退いた河口でズグロカモメが飛び交っていました。でも頭の黒い子は居ず。一足早く北へ向かったのでしょうか?

分担

20180407k32029 ムクドリの嘴が鮮やかになりました。
20180407k32031

雄はこちらを警戒しているようですが雌は気にせずずっと食べていました。

«引力

フォト

カテゴリー