• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 数打ちゃ当たるではいけない。 | トップページ | 運任せ »

2009年2月13日 (金)

最初の1枚

Umineko

ウミネコ ME-super + SMCM100mmF4マクロ 1981年大船渡にて
 子供の頃、最初に撮ろうとした鳥は、裏庭の金柑の実を食べに来た鳥だった。親父のカメラを手にそろそろと近づき、シャッターを切ろうとした瞬間、裏の家のおばあさんが庭に出てきて逃げられてしまった。今にして思えばあれはきっとヒヨドリだったに違いない。
 最初に手にした1眼レフはペンタックスのME-superだった。NikonやCanonの同レベルの機種とカタログを見比べてわずかながら軽量だったのが選択した理由。これに標準レンズは付けず、100mmのマクロレンズの組み合わせが僕のカメラ人生の始まりだった。最初は虫や花のマクロ写真を撮っていたのだが直に飽きてしまい、やっぱり鳥が撮りたくなった。
 そのきっかけとなったのが、台風が過ぎた朝の漁港でドラム缶の影から写したこのウミネコの写真。なんだ100mmでも撮れるじゃんかと思ったのは若き日の過ち。
 

« 数打ちゃ当たるではいけない。 | トップページ | 運任せ »

ウミネコ」カテゴリの記事

コメント

いえいえ,「過ち」ではありません.
味のあるいい写真ですね.なんといってもウミネコと判別できる写真なのがすごいですね.
大学時代の思い出ですね.

100mmマクロはぽおとれいとレンズとして活用すべきだったかもと、おじさんになって悔やんでいますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最初の1枚:

« 数打ちゃ当たるではいけない。 | トップページ | 運任せ »

フォト

カテゴリー