• 20190609k32042
  • 20190609k32052
  • 20190609k32049
  • 20190609k32040
  • 20190609k32023
  • 20190609k32054
  • 20190609k32025
  • 20190609k32016
  • 20190609k32045
  • 20190609k32031

« ガラパゴス現象 | トップページ | あの日に帰れたら »

2009年2月26日 (木)

仲間がいればこそ

Binzui01

ビンズイ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM 2008年 指宿

 DTMを始めたのは、邦楽を嗜む友人が最初だった。それで自分もやってみようと思ったが、どれだけやるかもわからないので一番安いLA音源を買った。中学時代に少しだけフォークギターを齧った時から持っている楽譜をパソコンに入力するだけなのだが、勝手に音符がずれたりして使い方がさっぱりわからなかった。たまたまピアノを嗜む別の友人に一晩預けると、彼は徹夜して翌日見事に使えるようになり教えてくれた。彼ももちろんDTMの虜になり、こうして仲間が増えていった。そのうち音の良いPCM音源が欲しくなったり、オプションでエレキギター(ホテルカルフォルニアに使用)やバイオリン(あの唄はもう唄はないのですかに使用)のカードを買ったりして、ガラパゴス的進化を遂げた結果、当時でも互換性のないデータになってしまった。初期投資は小さかったけど結構高くなってしまったのは反省材料だが、毎回同じようなことを繰り返している。

 最近は鳥見に行って知り合う人がだんだん増えてきた。2000年ころはあんまりいなかったし、もしいても声を掛け合うことも少なかったし。仕事以外に知り合いが増えるのは楽しいし、仲間がいればこそこのブログも続けられるのである。というわけで今日の写真は眠い眼をしたビンズイです。どこで会っても重たい眼をしてるもんだと思っていたのだが。

« ガラパゴス現象 | トップページ | あの日に帰れたら »

ビンズイ」カテゴリの記事

コメント

「眠い眼をしたビンズイ」わかりました.たぶん,朝が早かったからでしょう.私の撮影したのは昼前だったから.(*^-^)

そうですね、夕方だったのでもう眠たかったのでしょう。見島で会ったやつは旅の疲れで眠たそうだったし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仲間がいればこそ:

« ガラパゴス現象 | トップページ | あの日に帰れたら »

フォト

カテゴリー