• 20200802k32017
  • 20200802k32021
  • 20200802k32008
  • 20200607k1i043
  • 20200607k1i039
  • 20200607k1i008
  • 20200607k1i009
  • 20200607k1i014
  • 20200607k1i019
  • 20200517k1i059

« 連雀の成る木 | トップページ | ヤマガラの巣材 »

2009年3月26日 (木)

春なのに寂しい

Oshidori オシドリ EOS-7 + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 ヒレンジャクを見に行った日のこと、公園の池にはカモたちに混じってオシドリの雌が1羽だけ居ました。雄にはぐれてしまったのか、あるいは雄が猛禽やイタチかなにかに襲われてしまったのか。木陰に佇む姿がいかにも寂しそうでした。EOS-7はこういう状況でも狙った被写体に結構露出を合わせてくれました。空が白飛びしやすい性格でも有りましたが。

 聞いた話では、去年この池に居たオシドリ♀はマガモの♂の後を追っかけまわしていたとか。今週末あたり行ってみようかな。ひょとしてレンジャクも居たりして。

« 連雀の成る木 | トップページ | ヤマガラの巣材 »

オシドリ」カテゴリの記事

コメント

EOS-7は今でも現役なのですか?
最近私はフィルムカメラは全く使っていません.
こういう時には,D-ライティングがいいかも.
それにしてもかわいそうなオシドリですね.

残念ながらとっくの昔に引退しております。
いわゆるドナドナってやつです。
撮影データ記録機能が付いていればまだ
持っていたと思います。
D-ライティングってやっぱいいですか?

もちろん使わない方が良いですが,D-ライティングで救われた写真もたくさんあります.
photoshopにもシャドウ部をレスキューする機能がありますよね.あれでも良いと思いますが.

EOS-7のデータはフジカラーCDに焼いたJpeg画像なんですが、これがフォトCDだったら結構レスキューできたと思うのですけどね。ただ白トビはいかんともしがたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春なのに寂しい:

« 連雀の成る木 | トップページ | ヤマガラの巣材 »

フォト

カテゴリー