• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« コゲラ三昧 | トップページ | 鳥と人との距離III~ヤマガラ降臨 »

2009年4月20日 (月)

歌合戦

Mejiro041801 メジロ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 R山の早朝、まだ薄暗いうちにツグミ類の短い囀りを聞きました。シロハラなのか、他の渡り鳥なのか定かではないのですが、明るくなると一向に鳴きません。シロハラとツグミの他にはツグミ・ヒタキ類は見なかったのでシロハラの可能性は高いと思いますが、結局囀っている現場は抑えられませんでした。近くの木の上で囀っているのはメジロです。メジロのさえずりは去年初めて認識しました。大きな口をあけて小さな体に似合わない大きな声でさえずります。

Kawarahiwa01 カワラヒワ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 2番手はカワラヒワです。今年初めて囀りを聞きました。声が小さいと思ったらあんまり口が開いていません。

Kawarahiwa02  でも歌い終わった後しっかりお辞儀をしました。これは高感度No.1です。

Hoojro041802 ホオジロ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 桜の木の天辺ではホオジロが囀っていました。じっくりホオジロの囀りを間近で聞いたのは今年初めてです。先日隣の家のアンテナに留まっていたホオジロは結局地鳴きだけで飛び立ちましたから。囀っているときのホオジロの顔は少し怖いです。

« コゲラ三昧 | トップページ | 鳥と人との距離III~ヤマガラ降臨 »

カワラヒワ」カテゴリの記事

メジロ」カテゴリの記事

ホオジロ」カテゴリの記事

コメント

カワラヒワのお辞儀,恐れ入りました.
親に厳しく育てられたんでしょうね.

カワラヒワは2羽で行動していることが多いですね。きっとどこかで聞いている連れ合いがいたのでしょう。

なるほど,彼女への挨拶ですか!
夫婦間でも礼儀は大切ですものね.

ある意味、彼らの場合一番大事な鳥間関係なんでないでしょうか?
上司とか部下とか居るわけではないだろうし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌合戦:

« コゲラ三昧 | トップページ | 鳥と人との距離III~ヤマガラ降臨 »

フォト

カテゴリー