• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 雉も歩けば、人に出くわす | トップページ | 急に夏がやってきた »

2009年4月10日 (金)

時間よ止まれ

Hoshihajiro ホシハジロ K10D+ A★1200mmF8 ED

ペンタックスのHPによるとK20Dチタンカラーの発売日は4月24日に決まったようだ。ところでこれからのデジ一は動画機能が目玉らしい。実際、K10DやEOS40Dで画質に不満はほとんど無いのだから、画素数競争も高感度競争もK20DやEOS50Dでほとんど終わりだろう。あとは携帯電話のようにいらない機能がべたべた付加されるのでは無いだろうか。まさかワンセグが付いたりしないだろうな。しかし動画機能には少し興味があって、例えばさえずりをするシロハラとか、コサギの餌探しを動画で収めていれば、生態データとして貴重だったかなとは思う。

 それでも、スチル写真が切り取る一瞬の方が新しい発見があり面白い。ホシハジロの羽繕いを連写したときのこと、偶然できた水の輪をくぐるホシハジロの真剣な眼の面白さ。こういう発見は動画ではできないだろう。もちろん今度来るK20Dには動画機能は付いていない。

« 雉も歩けば、人に出くわす | トップページ | 急に夏がやってきた »

ホシハジロ」カテゴリの記事

コメント

仕上がった写真を見て,思わぬ効果に驚く事は私もありますね.
K20Dチタンカラー楽しみですね.

プロとアマチュアの違いの本質はそこにあるのでしょう。撮った写真の中かにしか価値を見出せないのがアマチュアです。でも鳥の行動を予測して撮るために、清流に水槽を沈めることには賛成できませぬ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間よ止まれ:

« 雉も歩けば、人に出くわす | トップページ | 急に夏がやってきた »

フォト

カテゴリー