• 20200802k32017
  • 20200802k32021
  • 20200802k32008
  • 20200607k1i043
  • 20200607k1i039
  • 20200607k1i008
  • 20200607k1i009
  • 20200607k1i014
  • 20200607k1i019
  • 20200517k1i059

« 小雨のち晴れ(今年の見島より③) | トップページ | 真昼の決闘?(今年の見島より⑤) »

2009年5月 4日 (月)

ノ組のとり(今年の見島より④)

Nobitaki ノビタキ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 今年の見島の課題のひとつは、ノビタキの夏羽をバッチリ撮ることでした。しかし意外にこの鳥は近くに出てくれないのです。夏羽をとることはできましたがトリミングしても小さいです。

 見島ではなかなかさえずりを聞くことは無かったのですが、3日目の朝、久々に晴れた気持ちのいい朝だったからでしょうか、クロツグミやノゴマが囀っていました。ノゴマは見たこと無いので一生懸命探しました。そしたらとても天然物とは見えない赤い塊を見ることができました。綺麗な胸でした。カメラを構えた時に飛び立ちました。後にはノゴマの居ない木の枝だけが残り、さえずりも聞こえなくなりました。これは来年以降の最大の課題です。

Nojiko01 ノジコ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 3日目に初めてグランドのほうに行ってみました。荒れた公園のなかにクロツグミが居て探しているうちにノジコに出会いました。ノジコは東北地方で繁殖する鳥で、大昔に原付バイクで山手のほうに見に行ったことがあります。あの頃は東北にしか住んでいないものと思っていましたが、渡りの時期は当然見島でも見れるのですね。

« 小雨のち晴れ(今年の見島より③) | トップページ | 真昼の決闘?(今年の見島より⑤) »

ノビタキ」カテゴリの記事

ノジコ」カテゴリの記事

コメント

ノゴマ,見られなくて残念でした.
いつか見たいですね.

見島で何度も再挑戦するのか、
思い切って夏の北海道に遠征するのか、思案のしどころですね。
ああ、時間と金が欲しい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノ組のとり(今年の見島より④):

« 小雨のち晴れ(今年の見島より③) | トップページ | 真昼の決闘?(今年の見島より⑤) »

フォト

カテゴリー