• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 薩長ムクドリ同盟 | トップページ | 秋の課題 »

2009年6月11日 (木)

見返りアオジ

Mikareriaoji 出水のアオジ ME-super + Σ600mmF8 ミラー  1983年頃 

 このアオジも初期の頃のもので、初めてまともに判るように撮れた小鳥であったと記憶している。あの頃は、見つけても、三脚を立て、ピントを合わせてやっとシャッターが切れる。おっとフィルム巻くの忘れていた。みたいな状況だったから。東北地方では繁殖するのだろうが夏のアオジを見たことが無く、残念ながら冬のアオジしか知らない。

Aoji03 R山のアオジ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM 2009年1月

 そのアオジだが、最近やたら見かけるようになった。そもそも、地鳴きでホオジロ類と片付けていたのが悪いのであるが。或る日、車で走っていたらやたらアオジを見かけるのに気付き、それからは注意して見分けるようにしている。それを知ってかアオジの方もサービスが良くなり、この日は車を降りようとした瞬間にすぐ前の枝に留まってくれた。

Aoji04 同 トリミング

 R山のアオジは緑色が濃くて、この日別の場所で見かけた個体もそうであった。地面に降りて採餌しているところだが、ぽかっとあけた口がとても可愛い。そういえばM公園で会ったアオジは黄色かった(2月15日参照)。季節の違いなのか、雌雄の違いなのか、それとも光の加減なのか、今のところはわからない。

« 薩長ムクドリ同盟 | トップページ | 秋の課題 »

アオジ」カテゴリの記事

コメント

アオジ,こちらでも,4月を最後に見ていないですね.
こちらでは一般には冬鳥ですね.

アオジの囀りは美声らしいですね。いつか聞いてみたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見返りアオジ:

« 薩長ムクドリ同盟 | トップページ | 秋の課題 »

フォト

カテゴリー