• 20191019k32070
  • 20191019k32066
  • 20191019k32067
  • 20191019k32060
  • 20191019e1d4004
  • 20191019e1d4027
  • 20191019e1d4033
  • 20191027k32054
  • 20191027k32057
  • 20191027k32070

« 愛想の良いヒバリのお母さん | トップページ | これが本当のセッカ居岩 »

2009年6月15日 (月)

草原の輝き

Hooaka008_2 ホオアカ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 ヒバリに出会う少し前、長者ヶ森を過ぎて少し歩くと、草の上で小鳥が鳴いていました。ホオジロかと思って近づくと、ホオアカでした。ホオジロの囀りと比べると少し短いようですね。顔もホオジロのように怖くは有りません。ホオアカはこの辺りでは夏鳥になります。K浜でも見かけますが、この広い草原で出会うほうが趣があっていいですね。夏の草原の主役の一鳥(ひとり)ではないでしょうか。

Hooaka001_2  帰り道でも道の脇の枝に留まって羽繕いなどを見せてくれました。

Hooaka003_2  最後は石灰岩の上に留まり、歌声を聞かせてくれました。

« 愛想の良いヒバリのお母さん | トップページ | これが本当のセッカ居岩 »

ホオアカ」カテゴリの記事

コメント

ホオアカのさえずり,りりしいですね.
MFで冬にいたホオアカかもしれません

きっとそうですよ。よく見るとおなかの辺りにROBINって書いてあるのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草原の輝き:

« 愛想の良いヒバリのお母さん | トップページ | これが本当のセッカ居岩 »

フォト

カテゴリー