• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« ノジコの思い出 | トップページ | ウグイスの謎 »

2009年6月 4日 (木)

タカブシギあれこれ

Takabu007_2 タカブシギ 夏羽 2008年4月 EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 タカブシギは秋から春にかけてよく見かけるので、これまで撮った写真を並べハンドブック片手に分類してみました。去年の見島であったタカブシギは、夏羽の特徴をしています。陰に隠れているときは、色が良くわからないのですが、日向にでているオタマジャクシを咥えた個体は図鑑にあるような茶色をしています。

Takabu008_2 夏羽 2008年4月

 斑点も結構目立ちますね。 8月ごろの夏羽の特徴を持った個体は、これまで撮った中に居ませんでした。7~9月はタカブシギ見たこと無いですから当たり前ですね。暑い干潟に居るのか、どこか水田の苗の下に隠れて居るのかわからないけど、盛夏のタカブシギも見たいものです。

Takabu010_2 アオアシシギ冬羽 2007年10月 K10D + A★1200mmF8 ED

Takabu006_2 アオアシシギ幼羽 2007年10月

Takabu009_2 アオアシシギ第1回冬羽?  2008年2月

後ろ3枚の写真はずっとタカブシギと思い込んでいたのですが、アオアシシギに訂正します。やっぱりシギ類は奥が深すぎます。

« ノジコの思い出 | トップページ | ウグイスの謎 »

アオアシシギ」カテゴリの記事

タカブシギ」カテゴリの記事

コメント

タカブシギのオタマジャクシをくわえた写真,特にいいですね.
私も後半3枚はアオアシシギだと思いますよ.

なぜだか、捕まえた後、畦の陰に入って食べてました。
去年、八町八反で撮ったのですが、今年よりかは少し近かったです。それでも大きくトリミングしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タカブシギあれこれ:

« ノジコの思い出 | トップページ | ウグイスの謎 »

フォト

カテゴリー