• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 戊辰の古傷 | トップページ | 相対的巨大魚 »

2009年7月15日 (水)

お留守番

08kaitsuburi01_2 カイツブリの親子 EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 釣堀の隅の、大きな柳の枝がかぶさったところに、Kさんに教わったとおりにカイツブリの親子がいました。柳の葉の陰から現れた親鳥の後を、小さな3羽の雛が一生懸命付いていきます。 

08kaitsuburi02_2  ところが親が急に潜ってしまいました。雛たちは潜れないのか浮かんだままです。すぐに戻ってくるだろうと思っていた親鳥はなかなか戻ってきません。 

08kaitsuburi03_2 同 トリミング

 さあ大変です、小さな3羽の雛だけ取り残されてしまいました。すると一番小さな雛が大きな雛の間に入りました。大きい2羽が前後を警戒しています。これが留守番のフォーメーションなのでしょう。一番大きな雛が頼もしく見えてきました。ところでいったい親鳥はどこに何しに行ったのでしょうか。この続きはまた明日。

« 戊辰の古傷 | トップページ | 相対的巨大魚 »

カイツブリ」カテゴリの記事

コメント

留守番フォーメーション,なるほど.
子供はかわいいですね.

カイツブリはこの辺でも繁殖しているけど、結構近くで見れたのでラッキーでした。
この時期暑くてあんまり鳥見てなかったけど、こういう楽しみがあったことに気づきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お留守番:

« 戊辰の古傷 | トップページ | 相対的巨大魚 »

フォト

カテゴリー