• 20200802k32017
  • 20200802k32021
  • 20200802k32008
  • 20200607k1i043
  • 20200607k1i039
  • 20200607k1i008
  • 20200607k1i009
  • 20200607k1i014
  • 20200607k1i019
  • 20200517k1i059

« あの素晴らしい愛をもう一度 | トップページ | ほんの少しで去っていく »

2009年7月 7日 (火)

処変われば~序章

01takamatsuike M市郊外の公園にて(12時ごろ)

 東日本の朝は早い。駅前でタクシーに乗った丁度その時、ラジオから5時の時報が鳴った。郊外の公園でまず迎えてくれたのは、カルガモとスズメとシジュウカラだった。またいつもと同じ鳥果に終わるのか、その予感は見事に裏切られることになる。

01sijyuukara02 シジュウカラ  EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM 

 シジュウカラにあった先で道は二手に分かれていた。池沿いの道と山沿いの道である。この時期、池にはほとんど鳥影は無く、山沿いの道を選んだ。歩き始めてすぐにキビタキの囀りが聞こえてきた。その場所に佇むと、キビタキの姿は見えないが、キビタキ以外の鳴き声がシャワーのように降り注いでくる。まだ薄暗い木の下で僕は声の主が姿を現すのを待った。そしてその主はあっちこっちから突然現れては、また見えなくなるのであった。

01shijyuukara03 シジュウカラ幼鳥 同 トリミング

 声の主はシジュウカラの幼鳥でした。ずいぶんと小さく感じます。お腹の黒線は薄く途中で切れています。 まだ夏だけど群れを作って行動しているようです。実は現場ではコガラと思って居たのですが、残念でした。でもこの勘違いが後で幸運ももたらすのでした。

« あの素晴らしい愛をもう一度 | トップページ | ほんの少しで去っていく »

シジュウカラ」カテゴリの記事

コメント

東日本に出張だったんですか?
序章ということは,これからシリーズが始まるのですか?
楽しみです.

実はまだ東日本に居ます。4時には明るくなるので今日も早起きしてしまいました。
明日は雨の予報ですが、外れて欲しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 処変われば~序章:

« あの素晴らしい愛をもう一度 | トップページ | ほんの少しで去っていく »

フォト

カテゴリー