• 20200802k32017
  • 20200802k32021
  • 20200802k32008
  • 20200607k1i043
  • 20200607k1i039
  • 20200607k1i008
  • 20200607k1i009
  • 20200607k1i014
  • 20200607k1i019
  • 20200517k1i059

« 記憶の中のシジュウカラ | トップページ | 寒冷地仕様? »

2009年7月18日 (土)

翔び立つ想い

09hakutyou01 オオハクチョウ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 池には季節はずれの白鳥が1羽浮かんでいました。オオハクチョウの幼鳥です。Kさんの話ではこの冬怪我をして保護された白鳥が5羽放されたのですが、怪我が治ってどこかに飛んでいってしまって1羽だけ残っているのだそうです。

09hakutyou02  急に水面を蹴りはじめました。必死に翼を羽ばたいて走っていきます。でも体は浮き上がりませんでした。まだ飛ぶことは出来ないようです。池の中央あたりで羽ばたくのを止めまたこちらへ近づいてきました。

09hakutyou04  あんまり急に駆け出して行ったので驚かしてしまったのかと気を病んだのですが、すぐ前に戻ってきて寛ぐ姿を見て安心しました。きっと今日のリハビリメニューだったのでしょうね。秋に仲間達がやってくるまでに治っていて欲しいものです。

« 記憶の中のシジュウカラ | トップページ | 寒冷地仕様? »

オオハクチョウ」カテゴリの記事

コメント

左翼の風切り羽がほとんど無い状態ですね.
角度の関係でそう見えるだけでしょうか?
飛べるようになればいいですね.

全く気づきませんでした。観察力、流石ですね。
他の写真を見直したら左の羽の次列・三列風切り辺りがほとんど無い状態でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 翔び立つ想い:

« 記憶の中のシジュウカラ | トップページ | 寒冷地仕様? »

フォト

カテゴリー