• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 翔び立つ想い | トップページ | 蒼空を見上げたら »

2009年7月19日 (日)

寒冷地仕様?

12hashibosokarasu02 ハシボソガラス EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 道の脇でハシボソガラスが食べ物を探していました。ピンク色の舌が見えます。幼鳥なのでしょうか?、嘴の付け根もピンク色です。嘴の上には毛が生えているようです。ハシボソガラスをこんな近くでまじまじと観察すること今まで無かったので戸惑いました。きっと寒冷地特別仕様に違いないと思ったのですが、図鑑をよく見るともともと毛が生えているようですね。こちらでハシボソガラスを見る機会が有ったらよく観察してみなければ。

12hashibosokarasu01  何かを見つけたようです。虫の死骸か何かだったのでしょうか?

10suzume03 スズメ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 池のほとりではスズメがどんぐりのようなものを咥えて中身を啄ばんでいました。パソコンの画面で確認したらどんぐりではなくてカナブンのような甲虫の胴体でした。啄ばんでいたのは虫の身だったのですね。

10suzume02   しかしここは、烏もスズメも、そしてヒヨドリもキジも、出会った鳥たちは皆、フレンドリーで人との距離がとても近い公園なのでした。Kさんは折角遠くから来たのなら八幡平とかへ行った方が良かったのにと言われてましたが、亀吉的には十分満足のいく場所でした。

« 翔び立つ想い | トップページ | 蒼空を見上げたら »

ハシボソガラス」カテゴリの記事

コメント

人との距離が近いというのは,人間の努力もあるのでしょうね.
大切にされているのでしょうね.

同じ東北地方でもS市の野鳥はあまり近くに来てくれませんでした。
赤いTシャツを着ていた所為かも知れませんが

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒冷地仕様?:

« 翔び立つ想い | トップページ | 蒼空を見上げたら »

フォト

カテゴリー