• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« けれど生きている | トップページ | いつでも、どこにでも »

2009年7月26日 (日)

その小さな足の第一歩

20iwatubame01 イワツバメ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 イワツバメの集合住宅の近くを通りかかると、電線にたくさんの幼鳥が留まっていました。2日前は巣の中に居た筈なのですが。成長が早いのですね。

20iwatubame02  並んで留まっている姿はまるで小学校の入学式の1年生のようです。 普通のツバメみたいに電線に留まっている所は初めて見ました。こんな近くで見ることが出来て幸せでした。

20iwatubame03  なんだか白い足が小さくて頼りなげです。道理でいつも飛んでばかりいるはずです。

« けれど生きている | トップページ | いつでも、どこにでも »

イワツバメ」カテゴリの記事

コメント

かなり近くですね.
足は白なのですね.

ちょっと低い位置の電線に留まっていましたから、結構近くで見れましたよ(o^-^o)。
足は図鑑でも白く描いてありますね。幼鳥だからというわけではなさそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その小さな足の第一歩:

« けれど生きている | トップページ | いつでも、どこにでも »

フォト

カテゴリー