• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 北上川のアオハダトンボ | トップページ | 霜降山のカワトンボ »

2009年8月17日 (月)

広瀬川のハグロトンボ

Sendai041_2 ハグロトンボ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM 

 イヌワシ観戦ツアーで行ったS市の広瀬川、こちらの岸辺にはハグロトンボが居ました。翅の前縁は黒で、緑色ではありません。ゆっくりと翅を広げるしぐさを見て、昔見た時代劇を思い出しました。満月の形に刀を動かして相手を幻想するような業でしたが、残念ながら思い出せません。

                     Sendai045_2  

 ハグロトンボは流れのゆるい川に発生するとあります。内陸部のM市と沿岸部のS市の違いなのかもしれませんね。

Sendai005  チョウゲンボウの断崖のしたの川原にもトンボが居ました。こちらは翅の色が薄いので雌と思われます。手持ちの図鑑の絵ではアオハダトンボの雌に近いようにも思われます。どちらなのかは判断できませんでした。日陰に居たからか尻尾の先は青い金属色でした。

« 北上川のアオハダトンボ | トップページ | 霜降山のカワトンボ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

確かに違いますね.
トンボの世界も深いですね.勉強になりました.

最初は暇つぶしのつもりでしたが、だんだんと面白くなってきました。
大人向けの携帯用昆虫図鑑が欲しくなりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北上川のアオハダトンボ | トップページ | 霜降山のカワトンボ »

フォト

カテゴリー