• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« ミヤマクワガタ | トップページ | デジタル時計とハクセキレイ »

2009年8月 6日 (木)

アカスとアカカブト

Kabuto3006 カブトムシ K20D + DFA100mmMacro

 去年もらったカブトムシの番から、雄3匹、雌9匹が孵りました。親もそうだったので赤いカブトムシです。近くの公園に連れて行って木の幹に留まらせてみました。こうして撮ってみるとまるで森で見つけたようなやらせ写真が出来上がりますね。木の幹から樹液がしみだしていたら完璧でしたけど。

Kabuto3003  カブトムシの角には結構皺が有ることに気づきました。子供の頃はカブトムシよりもクワガタムシの方が多かったのでカブトムシを山で捕まえた時の事ははっきり覚えています。兄貴が蹴った木から落ちてきたカブトムシが自分の掌に落ちてきたのです。それは赤いカブトムシで結構小さい奴でした。この写真のカブトムシよりも一回り小さかったと思います。

Kuwagata018 ノコギリクワガタ

 ノコギリクワガタの大きな奴をアカスと呼んでいました。子供のころは一つの箱にカブトもクワガタもいっぱい入れています。そのアカスの奴に哀れアカカブトは真っ二つにされてしまいました。長男がこれも近所の人にもらったノコギリクワガタは潜り込もうとする雌にひっくり返されそうです。角が曲がっていればアカスというわけではなく、この大きさ・赤さではアカスと呼ばなかったと思うのですが、アカスの基準そのものを忘れてしまいました。

 

« ミヤマクワガタ | トップページ | デジタル時計とハクセキレイ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

アカス,私のところでは言わなかったですね.
所かわれば,ですね.

アカスとカンゲンは、非常に狭い地域(校区)でしか使われてなかったようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アカスとアカカブト:

« ミヤマクワガタ | トップページ | デジタル時計とハクセキレイ »

フォト

カテゴリー