• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

カワセミのペレット

Img_3161 カワセミ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 カワセミに動きが無くてつまらないので、ハイキーにしたりして遊んでいたら突然口を大きく開けました。RAWで撮っていたので現像時に修正したけど、被写体ブレが出てしまって残念。

Img_3164  最初はよく判らなかったけれどどうやらペレットを吐き出そうとしているようです。なんだかソーセージのような塊が口の中から出てきています。

Img_3163  最後に顔を大きく振って、なにやら塊が飛んでいくのがファインダー越しに見えたのですが、残念ながら写っていませんでした。それでも少し前にROBINさんが目撃してたカワセミのペレット吐き出しを見れて良かったですImg_3170

 ペレットを吐き出すとカワセミは遠くの石の上に飛んで行ってしまいました。

2009年9月29日 (火)

カワセミはそこに居ました

Img_3142 カワセミ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 お盆にカワセミに出会った場所に再び行ってきました。確かこの辺の笹に留まっていたよな、と思って近づいたら、やっぱりそこにいました。急いでカメラにレンズをセットしてとりあえず連写しました。ガラス越しに見るきらら浜のカワセミよりも近い距離だったのではないでしょうか。しかも今日は枝も葉っぱも被っていませんでした。

Img_3151  カワセミは僕の方をチラッと見た後で、まるで関心が無いように空を見上げました。ここは川沿いの遊歩道で結構散歩する人も多いので慣れているのかもしれません。

2009年9月22日 (火)

三階建てのメジロ

Mejiro001 メジロ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 この日R山で一番多かったのはメジロでした。葉っぱで方目を隠した鬼太郎メジロ。

Mejiro002  なんだか思い出し笑いしているようなメジロ

Mejiro003  朝日を浴びて、側面が赤いメジロ

2009年9月21日 (月)

蝶ネクタイ

Img_2065 キジバト EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 珍しく最短焦点距離で撮って見ました。丁度、蝶ネクタイのように見えたので。

Img_2174  こちらは散水ノズルをいぶかしげに見つめるキジバト君、よくこの家の子供が元栓締めてないので水が滴るのだけど、今日は出ていないなあ、とでも考えているのかな?

 

2009年9月20日 (日)

秋は初めまして

Kijibato003 キジバト EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 R山で、サンショウクイを待っていました。頭上ではキジバトが気持ち良さそうに鳴いていました。そしたらすぐ前の枝に何かが留まりました。

Ooruri001 オオルリ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 何じゃと思いとりあえず撮影しました。首の辺りに線が入っているようにも見えるし、留まり方は結構立っているしで、これまたよく判りません。

Ooruri002  家でパソコンで見てみたら、線は枝だし、羽の色が青いということで、オオルリ幼鳥と判明しました。秋に会ったのは初めてですね。

2009年9月19日 (土)

撫子ーの種を食べまーした♪

Img_2104 キジバト EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 花期が終わってしまった撫子に目を付けたキジバト君

Img_2105  レンズを向けられていることに気づいたようです。

 こっちを振り向いた瞬間、尾Img_2109 っぽが剣先のようにも見えました。

Img_2141  撫子の実でしょうか、緑の実を啄ばみました。ガラス越しとはいえ、大接近でした。

 結局日ハム戦は1勝2敗、初戦、岩隈で負けたのが痛かった。

2009年9月18日 (金)

隠していた宝物?

Yamagara ヤマガラ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 またまたR山での出来事です。ヤマガラが桜の枝を突いていました。まるで啄木鳥のような動きでした。啄木鳥のようないい音は出ていなかったけど。

Yamagara002  そして何か丸いものを咥えました。さくらんぼの種か何かでしょうか?前に隠していた種だったのかも。

2009年9月17日 (木)

鳩は舞い降りた

Img_1951 キジバト EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 冷たい9月の雨に打たれたキジバトは午後の時間をずっと庭で過ごしていました。窓ガラス越しに、ホークス戦を見ながらキジバト観察です。

Img_1978  最初は奥の木の陰で休んでいたのですが、そのうち近くに寄って来ました。

 そういえば夕べ鳩山政権発足ですね。政治家の顔を覚えるのがしばらく大変になりそうですね。

 

Img_2050  先日植えたばかりの花を少し千切って食べました。どうも不自然に花びらが散っていると思っていたのですが、犯人はこいつだったようです。

 

2009年9月16日 (水)

再会

Kosamebitaki002 コサメビタキ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 桜の枝に何かが留まりました。顔が隠れていてよく判りません。少し体を動かしたら、飛んで別の枝に留まりました。

Kosamebitaki003  でも背中ではよく判りません。

Kosamebitaki004  あ、向きを変えてくれました。春の見島で愛想を振り撒いてくれたコサメビタキ君でした。R山では初見です。

Kosamebitakikana  ところで展望台の近くで一瞬現れたこの鳥がなんなのかわかりませんでした。枝かぶりでピンボケでしかも逆光気味と3条件揃っていました。大きさはコサメビタキより大きいような気がしたのですがよく判りません。

 

2009年9月15日 (火)

9月の雨

Img_1884 キジバト EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM 

 9月に入っていいお天気が続いていましたが、よーし、久々鳥見に行けるぞと早起きした土曜日に限って、朝から雨が降っていました。長男が目覚ましに使っている鳩時計が、いつもの電線の上で雨に濡れていました。

Img_1907 同トリミング

 頭を掻いた時に、水しぶきがたまたま写っていました。なんだか漫画の技法のようです。

Img_1934  この日の朝はほとんど鳴きませんでした。雨に打たれた体を膨らませて眠るように眼を閉じました。

2009年9月14日 (月)

ひとりきり

サンショウクイ  EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

Sansyoukui006  昨日の雨もあがり、今日は朝からいい天気でした。朝食前にR山へ行ってみました。サンショウクイの渡りが始まっていると聞いてきたのですが、もう終わりのようです。やっと1羽、留まっていたのを教えてもらいました。

Sansyoukui002  サンショウクイもペンギンポーズをして羽繕いをしていました。

Sansyoukui003  多いときには1000羽くらいの群れが通ると聞いているのですが、平日通えるようになるまでそれに出くわすことは困難なのでしょう。昨年はまるっきり空振りだったので、今年は1羽でも会えて良かったです。

 

2009年9月13日 (日)

人間が先か、鳩が先か

Dobato082101 カワラバト K20D + TamronAF28-300mmF3.5-6.3XR

 神社の帰りに赤い橋を渡っている時、すれ違う人の「わーキスしてる」の声に振り向いたら、お堂の屋根の上で2羽のカワラバトが熱い口付けを交わしていました。

Dobato082102  鳩もキスをするときに眼をつぶったりするようで、みてるとまるで映画で見る西洋人のカップルのようです。こうした行為は鳩も大昔からしてて、ひょっとして人間が鳩の真似をしているのかも知れませんね。

Dobato082107  キスだけかと思っていたら、いきなりでした。流石にこれを人前でするのは、人間には真似出来ませんね。

Dobato082104  一つ屋根の上にもう1羽のカワラバトが居ました。恋に破れた傷だらけの鳩でしょうか?こういうのって人間だったら怖そうですね。

2009年9月12日 (土)

狙いは大物?

Aosagi082100 アオサギ K20D + TamronAF28-300mmF3.5-6.3XR

 とある神社の菖蒲池にアオサギがいました。昼の強い日差しの下でじっと佇んでいます。

Aosagi082101_2  鯉に餌をあげている子供達のすぐそばに佇んでいます。鯉の餌のおこぼれを狙っているのでしょうか。でもアオサギは微動だにせず佇んでいます。

Aosagi082102  子供達のへりに行ってアオサギの顔を狙って見ました。アオサギはじっと前を見つめています。狙いはひょっとして、鯉の餌ではない?

 結局見ている間は顔の向きを少し変えただけで、じっと佇んでいました。

2009年9月11日 (金)

斑猫厨子

Hanmyo081401 ハンミョウ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 足元にはハンミョウが居ました。綺麗な体に大きなあごを持っています。もし玉虫が存在しなかったら、玉虫厨子は斑猫厨子になっていたかもしれないと思うくらい綺麗だと思いませんか?

Hanmyo081404  向きを変えたハンミョウの体はまた違った色に輝きました。その昔初めて一眼レフを手にした頃、実家の庭に来るハンミョウを100mmマクロで追いかけたことを思い出しました。あのときはなかなか近づかせてもらえなかったものです。

Tokagei081401  ハンミョウの近くにはトカゲも居ました。綺麗な尻尾は撮らせて貰えませんでした。冷たいその横顔はひょっとしてハンミョウを狙っていたのでしょうか?

2009年9月10日 (木)

アゲハチョウ

Agehai081401 アゲハチョウ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 川沿いに咲く、青紫の花にアゲハチョウがやって来ました。夏の風に揺れながら花の蜜を吸っていました。

Agehai081402 Agehai081404  EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM は逃げやすいような蝶類も撮ることができるので重宝していますが、時々もっと近づけたらと思うことが有ります。最近、キヤノンから新型手振れ補正付きの100mmマクロレンズが発表されたようですが、Nikonはずいぶん前に出しているし、ボディ内手振れ補正でペンタックスもソニーも先行しているので、やっと出したかって感じです。個人的には180mmのほうを先に出して欲しかった、とはいえ簡単には買える値段ではでないんでしょうけどね。

2009年9月 9日 (水)

小魚獲りの名人

Aosagi081403 アオサギ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 コサギとササゴイが仲たがいしていた反対側では、アオサギが獲物を狙っていました。

Aosagi081405   僕が観察を始めてすぐに、一瞬の早業で小魚を捕らえました。

Aosagi081406  5月にこの川の上流の堰で、若鮎漁をするアオサギたちの中にも上手下手がありましたが、総じてアオサギは餌取りがうまいのかもしれません。近年アオサギが増えているといわれるのにはこのような理由も有るのでしょうか?

Aosagi081407  アオサギは小魚を食べるとすぐにコサギの頭の上を悠然と飛んで行きました。

2009年9月 8日 (火)

力関係

Sasagoi081404 コサギとササゴイ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 飛んで行ったササゴイは、コサギと並んで獲物を狙っていました。両羽とも仲良く並んで水の流れをじっと見ています。でも獲物はなかなか現れないようです。

Sasagoi081405  そのうちコサギが獲物が来ないのはお前のせいだといわんばかりにササゴイを追い払いました。

Sasagoi081407  ササゴイが何食わぬ顔で元に戻ると、なんだかコサギが不機嫌そうです。

Sasagoi081409  そのうち上のほうに移動していつの間にか飛んでいってしまいました。コサギの方がササゴイよりも上位なんですね。

2009年9月 7日 (月)

カラスの行水

Karasu081409_2 ハシボソガラス EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 ササゴイの向こう側でカラスが水浴びをしていました。川のせせらぎでとても気持ち良さそうでした。ローソンで買った飲むアイスを食べながら、うらやましく眺めました。子供の頃、お風呂の時間があまりにも短いので、カラスの行水とよく母に言われていたことを思い出しました。

Karasu081411_2  カラスの行水時間は鳥類としては短くも無く長くもなくといったところでしょうか。

Karasu081413_2

2009年9月 6日 (日)

ササゴイ初撮り

Sasagoi081401 ササゴイ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 黒っぽい鳥が飛んできて前方の枝に留まりました。カラス?かと思っていたけど、ゴイサギのようにも見えます。よくよく見たらササゴイでした。ササゴイはこれまでフィルム時代からのデータにもありませんでした。初見ではないはずなのですが、何時どこで見たのかはもう思い出せません。1987年の夏以前に見たのかもしれません。

Sasagoi081402  その後水辺に降りて、魚を狙っていました。この川にはでっかい真鯉もいるので期待したのですが、採餌するところは目撃できませんでした。

Koi081401 マゴイ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 休んでいる間も1日数名の方のアクセスがあり感謝しております。いろいろ有った8月が過ぎ、まだ完全復活とは行きませんが、今日から再開しようと思います。毎日更新は途切れたのであまり無理をせずに続けていこうかと思います。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

フォト

カテゴリー