• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 秋の椿事 | トップページ | オオバンとヒシクイの物語・下 »

2009年11月10日 (火)

オオバンとヒシクイの物語・中

Bantooobantohishikui083 バンとオオバン K20D+ A★1200mmF8 ED

 お立ち台でオオバンが休んでいると、バンの幼鳥がやって来ました。

Bantooobantohishikui0862  やがてオオバンはこの若鳥に追われてしまいバンが一羽でお立ち台を占領しました。

Bantooobantohishikui087  そこへやってきたヒシクイ、えらい剣幕です。「われ、この島は誰のものだとおもっとんじゃー」

Bantooobantohishikui088  バンは慌てて逃げていきました。

 しかし、ヒシクイの声が聞こえないのが残念です。マガンよりも大きな怪獣ぽい声で鳴いていた記憶が有ります。どんな声で脅したのでしょうね。そして鳥にもべろがちゃんと有ることもわかりました。

« 秋の椿事 | トップページ | オオバンとヒシクイの物語・下 »

ヒシクイ」カテゴリの記事

バン」カテゴリの記事

オオバン」カテゴリの記事

コメント

舌の形が何とも緊迫感を醸し出していますね.
面白いです

この面白い光景も一人占めでした。
バンの逃げる様子も、可愛い可笑しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の椿事 | トップページ | オオバンとヒシクイの物語・下 »

フォト

カテゴリー