• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 幻のカモメ | トップページ | アカハシハジロは腹ペコ »

2009年12月30日 (水)

珍鳥の当たり年

Oohori050 メジロガモ ME-super + Σ600mmF8 ミラー  1992年元日 

 あの年の博多には他にも珍客が居て、大濠公園にはアカハシハジロとメジロガモが来ていました。公園に着いたときメジロガモは眠っていました。

Oohori051  そのうちに起きて泳ぎだしました。近くに降りたユリカモメと比べても、他のカモたちと比べても、一回り小さく見えました。

Oohori045  メジロガモもホシハジロやキンクロハジロのなかに混ざっていました。寒くなってきたので一時中断していたスライドの電子化を再会しました。90年代はよく覚えていなくて、新鮮な発見と呼び起こされた記憶が脳細胞を刺激してくれます。この年は年末から正月にかけて福井から福岡を師匠と廻り、さらに地元宮崎でたくさんの珍鳥に巡り合えた年でした。

« 幻のカモメ | トップページ | アカハシハジロは腹ペコ »

メジロガモ」カテゴリの記事

コメント

まさに珍鳥だらけですね〜.
こんな年がまたありませんかね〜.

メジロガモは昨シーズンも来ていたのではなかったかしら?
最近は鳥見人口が増えたので珍客があちこちで見つかっていますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 幻のカモメ | トップページ | アカハシハジロは腹ペコ »

フォト

カテゴリー