• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« フラミンゴの求愛 | トップページ | センター試験2日目 »

2010年1月27日 (水)

センター試験1日目

Img_7047 ユリカモメ EOS40D EF300mm F2.8L IS USM

 EOS40Dのカタログを初めて見たときに感じたあの期待感を僕はすっかり忘れていた。新しいカメラのカタログに心奪われかけていたが、読み比べてみると同じような文言が並んでいるではないか。そう、中央のF2.8対応センサーを用いれば飛びものの精度はあがるはず。ということでF2.8のレンズを使ってテストすることにしました。曇り空、夕暮れ近い、カモメの飛翔という超難問テスト撮影です。

Img_7059 ズグロカモメ

A川の河口へ行くと狙い通りカモメが飛び交っていました。川下から、あるいは川上から飛んでくるカモメを捉えて撮って見ました。歩留まりは相変わらず低く、川面が背景になったりするとすぐに獲物をぼかしてしまうのは相変わらずだけど、ちゃんと合った時の気持ち良さはこれまでのレンズでは味わえない感覚でした。

Img_6951  2倍のテレコンを付けた場合も試してみました。しかしこの場合はAFが利かないと思うくらい反応が悪く、このシチュエーションではほとんど使えないことも判りました。少々遠くても300mmのままで撮影すればしっかりと写ります。

Img_7036  厚い雲の隙間から日が差してきました。ちょっと懐は寒いけれど明日からはこれまでと違う鳥見生活を送れそうです。

« フラミンゴの求愛 | トップページ | センター試験2日目 »

ズグロカモメ」カテゴリの記事

ユリカモメ」カテゴリの記事

コメント

サンニッパ,良いですね〜.いろいろ使えそうですね.
手持ちですか?

もちろん、手持ちで撮りましたよ。飛び物は手持ちでもいけるけれど、逆に留まり物の方が手持ちは難しいようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フラミンゴの求愛 | トップページ | センター試験2日目 »

フォト

カテゴリー