• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 26年ぶりの荒崎周遊① | トップページ | 迷い鶴 »

2010年1月15日 (金)

26年ぶりの荒崎周遊②

Img_6087 メジロ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 葦原にはメジロ・ウグイス・アオジなどが居ました。水面にはハシビロガモやカルガモ、コガモも居ました。

Img_6098 ヒドリガモとオオバン EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 また、ホテイアオイがかなり増殖していて、その上に乗ってヒドリガモとオオバンが仲良く採餌していました。また、違う場所でホテイアオイの上にヒクイナが居ましたがすぐに隠れてしまいました。

Tyuuhi0003 チュウヒ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 田んぼの上をチュウヒが飛んで行きました。やっぱりハイイロチュウヒよりも高いところを飛ぶようです。

Tyuuhi0004  他にはシロハラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ミサゴなどを見かけました。田んぼや畑にはタヒバリ類が降りていたのですが、畝や稲の切り株の間に入ってなかなかじっくり見れません。それと距離が有るので近づきたいのですが、そこら中に鶴が居るので飛ばしたらいけないと思い近づけませんでした。

Img_6113 警戒するマナヅル

 歩くルートもかなり大回りすることになりました。昔の荒崎とは違うことが歩いてみてよく判りました。その分、他の場所に渡り鳥がたくさん来るようになっているのかもしれませんね。

« 26年ぶりの荒崎周遊① | トップページ | 迷い鶴 »

チュウヒ」カテゴリの記事

マナヅル」カテゴリの記事

メジロ」カテゴリの記事

ヒドリガモ」カテゴリの記事

オオバン」カテゴリの記事

コメント

チュウヒ,いいですね〜.
こちらではだいぶん数が少なくなったみたいです.
見てみたいですね.

チュウヒとハイイロチュウヒの棲み分けもあるみたいですよ。
チュウヒが見たければチュウヒの習性を知るべし。てっか!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 26年ぶりの荒崎周遊① | トップページ | 迷い鶴 »

フォト

カテゴリー