• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 温泉街の野鳥達 | トップページ | 26年ぶりの荒崎周遊② »

2010年1月14日 (木)

26年ぶりの荒崎周遊①

Img_5811 鶴の飛び立ち EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 出水に行くからには朝の飛び立ちから見るべし、ということで夜明け前に出水の駐車場に予定通り到着しました。7時過ぎからまだ薄暗い中で飛び立ちが始まりました。写真は7時20分ごろ(撮影データより)でようやく鶴がシルエットではなくなってきた頃です。

Img_5895 ホシムクドリとコムクドリ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM + EF 2X II

 今回は久々に荒崎周辺を歩いてみようということでどんな野鳥に出会えるか楽しみです。歩き始めてすぐに電線にムクドリが留まっていました。見ると模様が見えます。やった、ホシムクドリ見つけた、こいつだけ他のと違うと思って他のを見ると、周りに居た10羽くらい皆同じ模様です。1羽だけ小柄で顔の白いのがいると思ったらコムクドリでした。もちろん普通のムクドリも何羽か居ましたけど、団体は少し離れたところに居ました。

Img_5910 ミヤマガラス EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM + EF 2X II

 ムクドリの向こうの電線にはミヤマガラスの群れです。コクマルガラスが居ないか丹念に探しましたが残念ながら居ませんでした。ミヤマガラスの頭がでこぼこになっていることを初めて知りました。これまであんまりアップで見ていませんでしたから。

Img_6062 タゲリ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 北側の田んぼにはタゲリの群れが飛んできました。

Img_6068 タゲリもハマシギと同じように裏表が同調するのですね。 この後、葦原でツリスガラでないかとしばらく待ってみましたが、あのチュイーンという声を聞くことはできませんでした。

« 温泉街の野鳥達 | トップページ | 26年ぶりの荒崎周遊② »

ナベヅル」カテゴリの記事

マナヅル」カテゴリの記事

ホシムクドリ」カテゴリの記事

タゲリ」カテゴリの記事

ミヤマガラス」カテゴリの記事

コメント

26年ぶりですか.感慨深いものがあったのでは.
ホシムク,コムク,いっぱい居ますね〜.

機材抱えて歩き回るのは、旧人類であるとつくづく思い知らされましたよ。
昔と比べると田畑が青々して居る気がします。温暖化の影響でしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 温泉街の野鳥達 | トップページ | 26年ぶりの荒崎周遊② »

フォト

カテゴリー