• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« センター試験2日目 | トップページ | 葦原の忍者 »

2010年1月29日 (金)

時を止めるレンズ

Test01 カワウ EOS40D EF300mm F2.8L IS USM

 カモメや猛禽類だけではなく、鴨などの飛翔も断然切れ味が違いました。突然飛び立ったカワウ、この1羽だけ婚姻色がでていて、ベッカム君と呼ばれているのだそうです。

Kawau0007 トリミング

 拡大して顔を見ると、眼はまるで宝石のようでした。

Test04 ホシハジロ

 ホシハジロが着水するところです。まるで空中に張り付いているようです。

Test05  着水の瞬間です。水かきが水上スキーの板みたいですね。

Test06 スズガモ

 突然ゴーと音がしてスズガモの群れが沖から帰って来ました。

 昔、FA★85mm F1.4を手に入れて子供のスナップを撮ったとき、それまで見たことのない瞬間が写っていてびっくりしたことを思い出しました。1/8000とか1/4000で鳥を撮ったことはこれまで多分ない筈ですから、これからいろいろ新しい発見がありそうです。

« センター試験2日目 | トップページ | 葦原の忍者 »

スズガモ」カテゴリの記事

カワウ」カテゴリの記事

ホシハジロ」カテゴリの記事

コメント

切れ味が断然違いますね〜.
これからの写真,楽しみです.

正直こんなに違って見えるものかと驚いています。
後は如何に被写体に出会うかですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« センター試験2日目 | トップページ | 葦原の忍者 »

フォト

カテゴリー