• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 26年ぶりの荒崎周遊② | トップページ | 彼方鶴と苦労鶴 »

2010年1月16日 (土)

迷い鶴

Img_6194 マナヅル EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 お昼になったので展望台に登り、鶴探しです。飛んでいるマナヅルは家族とはぐれたのか1羽で大声で鳴きながら飛んで行きました。朝の飛び立ちの後にも1羽で戻ってくる迷い鶴が結構居ました。あれだけの数の中から家族を探すのは、ディズニーランドで迷子を探すのと同じくらいなのではないでしょうか。

Img_6370 ナベヅル

 こちらも迷子のナベヅル、大きな口を開いて家族を探しています。こちらはマナヅルよりももっと大変そうです。

Img_6136_2 ナベクロ?

 迷うといえばナベクロヅル、自分の基準では中央にいるや や色が薄くて、頭の赤がはっきりしている個体をナベクロではと思うのだが、同じようなのがたくさんいるのでとても3羽とは思えない。迷いだすとナベなんだかナベクロなんだかよく判らなくなってしまいました。

Img_6142  このナベクロらしい鶴、気性が荒いようで他のナベヅルを追っかけまわしていました。

Img_6164  結局、西干拓地ではカナダヅルやクロヅルは見つけられませんでした。

« 26年ぶりの荒崎周遊② | トップページ | 彼方鶴と苦労鶴 »

ナベヅル」カテゴリの記事

マナヅル」カテゴリの記事

コメント

確かに少し薄いように見えますね.
カナダヅル,私も見れませんでした.残念.

ナベヅルの体色の違いは3段階くらいあるようで、幼鳥は黒っぽく、成鳥は少し薄くなる様でした。
一度、繁殖期の体色も見てみたいものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 26年ぶりの荒崎周遊② | トップページ | 彼方鶴と苦労鶴 »

フォト

カテゴリー