• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 美しく青き大瀬 | トップページ | 朝の沖田川 »

2010年1月10日 (日)

愛宕山の裏から

Img_3660 ジョウビタキ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 実家から見える愛宕山よりもここから見える愛宕山はなぜ低いのか?、そんなことを考えながら沖田川の堤防を歩いていました。ずっと昔の寒い夕方にチュウヒとかを見たことが有って来たわけですが、今日も最初に隼らしいのが出現したのだけれどカメラのスイッチが切れていて確認できませんでした。堤防の脇でジョウビタキがいつものように愛嬌を振りまいてくれました。

Img_3706  雄のジョウビタキは葦原の中に居てあまり近くに来てくれませんでした。葦原の中に何か獲物が居るようでした。

Img_3693  コサギが横を飛びぬけていきました。塒に帰るのでしょうか。

Img_3743  スズメの群れが葦原から田んぼの脇の薄に移りました。よくよく見たけれど普通のスズメでした。

Img_3880  田んぼにはタヒバリとハクセキレイが一緒に行動していました。タヒバリはやっぱりセキレイの仲間なんですね。

Img_3891  やがて西日が山の端に隠れようとする頃、カワウが1羽帰っていきました。2009年12月29日の記録

« 美しく青き大瀬 | トップページ | 朝の沖田川 »

タヒバリ」カテゴリの記事

ジョウビタキ」カテゴリの記事

スズメ」カテゴリの記事

ハクセキレイ」カテゴリの記事

カワウ」カテゴリの記事

コサギ」カテゴリの記事

コメント

「夕焼け小焼け」を口ずさんでしまいそうな雰囲気ですね.
チュウヒ,逢いたいですね.

ゴーン、タイミングよくお寺の鐘がなったら最高でしたね。
城山は愛宕山の向こうなので聞こえなかったのかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美しく青き大瀬 | トップページ | 朝の沖田川 »

フォト

カテゴリー