• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 南九州越冬隊 | トップページ | 再会 »

2010年1月 6日 (水)

居るところでは赤丸鳥

Mamijirotahibari0006 マミジロタヒバリ K20D+ A★1200mmF8 ED トリミング

 宮崎平野をじっくり回ったのは今年が初めてでした。いつも行く河口にばかり鳥が集まるわけではなく、その周辺の田畑にも珍しい鳥がたくさん来ているようです。そして地元の皆様には全く珍しい種類ではなくなっているわけでありまして、マミジロタヒバリが現れても、談笑していてだれも見ようとしません。

K20_7973  一人、焦ってがつがつ撮ってしまいましたが、後でよく考えると、もっと近くで撮ればよかったのにと後悔しきりです。1200mmでトリミングなんて少し恥ずかしい。とりあえず初見・初撮りということでめでたしめでたし。しかし居るところには居るんですね。既見×鳥がまた1種増えました。昭和51年初版の日本の野鳥では、希少種に×印が付いていたのですが、当時の鳥見人口が偏っていたためか、現在西日本で冬によく見られる鳥に×が多いような気がします。今のフィールドガイドでは×鳥は絶滅種になっています。

Img_3821 タヒバリ EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM トリミング

 こちらは延岡平野にいたタヒバリ、12月29日の夕方に10羽くらいの群れで居ました。じっくり顔を拝んだけれど変なタヒバリは見かけませんでした。眉とお腹の黒縞の違いは判りましたが、爪までは確認できませんでした。

« 南九州越冬隊 | トップページ | 再会 »

マミジロタヒバリ」カテゴリの記事

コメント

私も隣で一生懸命撮っていましたよ
この冬何度か出会っていたのですが,結構動きが速いので,
ブログレベルの写真でさえ撮らせてもらっていなかったんです.
この日はサービス満点でしたね.
もう少し足下が見えるとよかったのですが.

確かに、爪の長さも確認してみたかったですね。
この日は少し高いところでじっとしてくれることも多かったですが、普段は動き回るのですね。
鳥にまでサービスしてもらって、やっぱり故郷はいいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南九州越冬隊 | トップページ | 再会 »

フォト

カテゴリー