• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« カイツブリの羽毛はさらさら | トップページ | 100-400mmの居場所 »

2010年2月 4日 (木)

天日干し

Kawau005 カワウ K20D+ A★1200mmF8 ED

 対照的に同じ水鳥でも撥水性能の悪い羽毛を持っているのが鵜の仲間です。鵜飼舟でかがり火を焚く理由のひとつも鵜の羽を乾かすためとか。ここK浜で休憩する鵜も杭の上で羽を乾かしているところをよく見かけます。今日は珍しく淡水池のお立ち台の上で、折からの日差しを浴びながら気持ち良さそうに羽を広げていました。サンカノゴイのずっと手前だったのでピント合わせは簡単な筈でした。でも目の玉がくっきりしていたのはこの1枚だけでした。歩留まり悪すぎです。

Img_7237 同  EOS40D EF300mm F2.8L IS USM トリミング

 先日紹介したベッカム君の別カットです。なんだかコンドルとかハゲワシとか別の鳥のように見えませんか?

Img_7241  飛んでくるところを11枚連写して、5枚合焦していたので5割以下の歩留まりですがMFよりもずっと頼りになります。

« カイツブリの羽毛はさらさら | トップページ | 100-400mmの居場所 »

カワウ」カテゴリの記事

コメント

ベッカム君,格好いいですね.
私もF2.8のレンズ,活用してみようかな.
17-35mmですが.

ぜひぜひ鳥の居る風景にチャレンジしてくだされ。
朝夕の薄暗い頃合に威力を発揮しそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カイツブリの羽毛はさらさら | トップページ | 100-400mmの居場所 »

フォト

カテゴリー