• 20200802k32017
  • 20200802k32021
  • 20200802k32008
  • 20200607k1i043
  • 20200607k1i039
  • 20200607k1i008
  • 20200607k1i009
  • 20200607k1i014
  • 20200607k1i019
  • 20200517k1i059

« 雪の降る日に | トップページ | 梅の名所にて »

2010年2月 8日 (月)

あの頃のハイイロチュウヒ

Ensei1996002  ハイイロチュウヒ Z1限定 + FA100-300mmF4.5-5.6 1996年

 T県に住む友人から、ハイイロチュウヒを見に来ないかといわれて久々にサークル仲間4人が集まったのは何時だったか?自分の記憶の中では1990年代前半と思っていたのだが、そのときのフィルムをスキャンすると、ME-superとミラー600の組み合わせとは思えない写真がそこにあった。そこでやっと思い出した。Z1と300mmズームの組み合わせで撮った事を。

Ensei1996001_2  そうであれば95年に手に入れたわけだから翌年の96年の2月11日が絡んだ連休のことだろう。Z1を買った時に、CAPA交換レンズ95-96年度版を参考にレンズを揃えたが、その中で酷評されていた100-300mmの中古を、逆らって買ってしまった。このレンズは遅い・迷う・うるさいの3拍子揃ったレンズであった。今にして思えばあのレンズで、ハイイロチュウヒを撮ろうなんて神をも恐れぬ行為だったというべきか。それと今では身近に居ることを知ったハイイロチュウヒをはるばるT県まで車走らせて見に行ったのが滑稽でもある。もちろん久々に集まった仲間とドンチャン騒ぎしに行ったと思えばその距離はたいしたものではない。

Ensei1996004  3枚目はダイサギの立ち姿。好きでよく撮っている構図だがが、それにしても粒子が粗い。最近新しいデジタル一眼の高感度ノイズが何かと話題になるが、フィルムの頃に比べればほとんどないに等しいところで大騒ぎしている気がする。

« 雪の降る日に | トップページ | 梅の名所にて »

ハイイロチュウヒ」カテゴリの記事

ダイサギ」カテゴリの記事

コメント

すでにセピア色に見えますね〜.良い雰囲気ですね.
1996年ですか,あの頃の私は鳥見ブランクの時代でしたね.

この頃は休眠から目覚め始めた頃になります。
起きるまで数年かかりますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪の降る日に | トップページ | 梅の名所にて »

フォト

カテゴリー