• 20191019k32070
  • 20191019k32066
  • 20191019k32067
  • 20191019k32060
  • 20191019e1d4004
  • 20191019e1d4027
  • 20191019e1d4033
  • 20191027k32054
  • 20191027k32057
  • 20191027k32070

« ランバダ、ナツバダ | トップページ | 赤と白 »

2010年3月28日 (日)

セイゴのポイント

Kanmurikaituburi0322007 カンムリカイツブリ K20D+ A★1200mmF8 ED

 この場所は前に息子と釣に来たことがあるがあの時は何も釣れなかった。潜ったカイツブリが浮上すると魚を咥えていた。獲物は前に紹介したカワウと同じセイゴのようである。セイゴが居るのなら今度ウキ釣りで狙ってみようか。

Kanmurikaituburi0322009  咥えて後ろを振り向くのは、カモメやトビを気にしているのかもしれないね。幸いこの時間、カモメは干潟でお昼寝中。セグロカモメが集団で居たけどね。

Kanmurikaituburi0322006  嘴でぎゅっと締めた魚を咥えなおす。セイゴにはもう逃げる力など残っていない様子。

Kanmurikaituburi0322019  頭から咥えて飲み込みました。クライマックスだったのにバッファー切れでコマ落ちが残念。

Kanmurikaituburi0322022  食べた後、一口水を飲み(口をすすいだ?)、ああうまかったとつぶやいている風。この後満足したか、カンムリカイツブリは一文字の向こう側へと遠ざかっていった。今日も絶妙のタイミングでこの場所に居合わせたことに感謝。

« ランバダ、ナツバダ | トップページ | 赤と白 »

カンムリカイツブリ」カテゴリの記事

コメント

大きな魚,丸呑みですね.しばらくは満腹でしょうね.
確かにタイミング良いですね〜.

実を言うと場所を変えようと思っていたところに携帯がなって、電話中に現れたんです。
その電話がなかったら遭遇してないかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ランバダ、ナツバダ | トップページ | 赤と白 »

フォト

カテゴリー