• 20190929k32062
  • 20190929k32130
  • 20190929k32107
  • 20190929k32132
  • 20190929k32059
  • 20190929k32038_20191002232201
  • 20190929k32002
  • 20190915e72049
  • 20190915e72051
  • 20190915e72039

« カマキラス来襲 | トップページ | センチメンタル・オオバン »

2010年8月13日 (金)

労力に見合った成果

K20_9373 アオサギ K20D+ A★1200mmF8 ED

 潮が引き始めた干潟で、じっと佇んでいたアオサギが突然身構えました。ずっとこの時を待っていたのでしょう。

K20_9377  矢が放たれたように嘴が水飛沫をあげました。拡大してみるとなんだか咥えているようです。

K20_9381  目が付いているので魚の稚魚のようです。ボラか何かでしょうか?。こんな小さな獲物では獲る為の消費カロリーに満たないような気がします。まあ、だからメタボな野鳥は居ないのでしょうね。

« カマキラス来襲 | トップページ | センチメンタル・オオバン »

アオサギ」カテゴリの記事

コメント

こういった地道な栄養補給が夏を乗り切る術なのでしょうね.

たまに食用蛙なんか捕まえたりすると当分食べなくても良いのかも。
アオサギはダイサギに比べて餌採りが上手なんで省エネ体質かもしれませんね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カマキラス来襲 | トップページ | センチメンタル・オオバン »

フォト

カテゴリー