• 20190609k32042
  • 20190609k32052
  • 20190609k32049
  • 20190609k32040
  • 20190609k32023
  • 20190609k32054
  • 20190609k32025
  • 20190609k32016
  • 20190609k32045
  • 20190609k32031

« 7時からの出来事 | トップページ | 空中浮遊MKII »

2010年9月17日 (金)

受難の季節

K20_2583 ホウロクシギ K20D+ A★1200mmF8 ED

 K浜に行ったらホウロクシギが5羽きていました。みんな遠くのほうで休んだり餌を採ったりしていたけれど、そのうち1羽が近くにやってきてくれました。まだ嘴が短い幼鳥です。警戒心が少し薄いのかもしれません。

K20_2641  ホウロクシギはたくさんの蟹を捕まえて食べました。蟹にとっては受難の季節です。夏の間、サギたちはほとんど蟹には興味を示さなかったので、すくすくと大きく育ちました。これが秋のシギチのエネルギー源なんですね。ホウロクシギは体が大きいのでたくさん食べなければいけないようです。

K20_2645  苦労して蟹の鋏を取って食べやすくすると一気に飲み込みます。そのタイミングが難しくてなかなか撮れませんでした。それでもチャンスを何度も呉れるのでようやくゲットできました。目をつぶって一生懸命飲み込もうとしているんですね。ときどき飲み込めなくてやり直すこともありました。

« 7時からの出来事 | トップページ | 空中浮遊MKII »

ホウロクシギ」カテゴリの記事

コメント

ほんと器用に食べますよね〜.
箸を使っているようですよね.

おまけに巣穴の蟹を捕まえるときにも、あの微妙なカーブが有効みたいですね。
この個体は若鳥だったので時々見失ったり、蟹が大きすぎてあきらめたりもしてました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7時からの出来事 | トップページ | 空中浮遊MKII »

フォト

カテゴリー