• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« キアシシギのベッド | トップページ | 原石 »

2010年9月27日 (月)

夕方の一文字

Img_1420 キアシシギ、イソシギ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII トリミング

 その日の夕方、少し早めに一文字に行ってみましたが、シギチはまだ何も居ませんでした。そのうち声がしだしたので探すと、低いところにキアシシギが集まっていました。イソシギも確認できました。

Img_1465  やがて夕日が海に映りだす頃、ダイゼンの群れが帰ってきました。

Img_1486 そしてシギの群れも帰ってきました。オバシギでしょうか?

Img_1501  いつの間にかオオソリハシシギが一文字の上に立って海を見つめていました。この日は真っ直ぐな嘴をもつ個体には逢えませんでした。

 

« キアシシギのベッド | トップページ | 原石 »

イソシギ」カテゴリの記事

ダイゼン」カテゴリの記事

オオソリハシシギ」カテゴリの記事

キアシシギ」カテゴリの記事

コメント

逆光は識別は難しいですが,雰囲気ありますね〜.

結局、識別はあきらめました。もっぱら作品狙いです
探してみても水のある休耕田ってなかなかないものですね。
それだけ農業の担い手が居るということなのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キアシシギのベッド | トップページ | 原石 »

フォト

カテゴリー