• 20190609k32042
  • 20190609k32052
  • 20190609k32049
  • 20190609k32040
  • 20190609k32023
  • 20190609k32054
  • 20190609k32025
  • 20190609k32016
  • 20190609k32045
  • 20190609k32031

« 食欲の秋、その1 | トップページ | 食欲の秋、その2 »

2010年9月20日 (月)

UMB MKII

50dmkii048 エゾビタキ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XI トリミング

 今年4回目のR山、土曜日というのに県外からも集まっていました。前回サンショウクイは十分取れたので今日は他の鳥を探して別の場所へ陣取りました。そこはエゾビタキがうろちょろしてくれるところで、丁度狂い咲きの枝に留まってくれました。もうちょっと左に寄ってくれると最高だったのですが。

50dmkii030 キビタキ雌もしくは若かな

 さてそこで現れたこの鳥さん、2枚撮れただけで1枚はピンボケでした。K浜のレンジャーさんにも見てもらいましたが、消去法でキビタキではなかろうかということになりました。この秋は初めてです。オオルリならこの朝も幼鳥が来ていたけれどね。

50dmkii049 サメビタキじゃなかろうか

 展望台に移動して桜の木にやってくるエゾビタキを撮っていたら、模様の違うのが居ました。コサメビタキほど白くはないけど、図鑑に有るほど濃くないお腹、これも消去法でサメビタキではなかろうかということです。K浜では判らない鳥は撮るなと言われてしまいました。 

50dmkii014 コサメビタキ

 その日の朝一に現れたコサメビタキです。同じ日に同じ場所でコサメ・サメ・エゾの3種が見れたので識別ポイントが自分なりにわかりました。胸の色とかなんかは個体差(成鳥・幼鳥あるいは雌雄?)があるので決め手になりません。結局顔つきの違いが一番の識別ポイントのような気がします。あくまでも個人的意見ですけどね。

« 食欲の秋、その1 | トップページ | 食欲の秋、その2 »

キビタキ」カテゴリの記事

サメビタキ」カテゴリの記事

コサメビタキ」カテゴリの記事

エゾビタキ」カテゴリの記事

コメント

続々渡って来ていますね〜.
私は「判らない鳥は撮るな」じゃなくて,
「判らない鳥は,判るまで温存しておけ」と思っています.
いつかはっきり判る時が来るのを信じて(笑)

今年のR山、このお三方が永ーく居てくださるので、お蔭様で識別ができるようになりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 食欲の秋、その1 | トップページ | 食欲の秋、その2 »

フォト

カテゴリー