• 20200607k1i043
  • 20200607k1i039
  • 20200607k1i008
  • 20200607k1i009
  • 20200607k1i014
  • 20200607k1i019
  • 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028

« 天使 | トップページ | 敵機来襲 »

2010年10月11日 (月)

Img_2193 鳥・鳥・鳥 EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM

 海峡名物、ヒヨドリの渡りの観察会に参加してきました。毎年見たいと思いつつも場所がよく判らずこれまで見ることができなかったので。案内してもらった場所に着くと、頭上をヒヨドリがうようよ昔の名画のように飛び交って居ました。

Img_2287 海峡を渡るヒヨドリ 

 海岸に立つと門司の街が直ぐ近くに見えます。こちらの山からはヒヨドリが出たり入ったりして渡る機会を窺っていました。折角渡り始めてもほとんど引き返します。門司には怖い隼が待ち構えているからです。大きな船の汽笛やエンジン音も気になっている様子でした。高く飛び立った群れは煙突の煙に沿って飛んだりして隼の眼を眩まそうとしています。

Img_2375 引き返すヒヨドリ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM+ EF2XII

 Uターンして戻ってきた群がコンテナ船を包み込むかのように飛んでいきます。

Img_2395  工場群の前を通ってこちら岸まで戻ってきました。向こうに風力発電の風車が並んでいました。九州に大挙押し寄せるヒヨドリはいったいどこで越冬するのか。身近なヒヨドリにもまだまだ謎が残っています。

« 天使 | トップページ | 敵機来襲 »

ヒヨドリ」カテゴリの記事

コメント

すごい数ですね〜.
こちらでも南に渡っていく群を見ます.
ヒヨドリ,1年中いますが,冬は多い印象ですね.
夏いる群は越冬するのかもっと南へ渡るのか興味ありますね〜.

実際に見るまではたかがヒヨドリと思っていましたが、こんなに凄いとは驚いたという感じです。
九州から先への情報等有れば教えてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天使 | トップページ | 敵機来襲 »

フォト

カテゴリー