• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 脱走鴨 | トップページ | 猛禽飛び物三種 »

2010年12月18日 (土)

鳥運アリ

 大勢の人が参加する探鳥会では出た鳥を皆が見られる保障は有りません。見たい鳥を見るには出してくれそうな人と行動を共にするのが一番です。湖畔に移動した後、朝一緒だったAさんの後ろをついて歩きました。置き隼、飛びクロヅルを出してくれたAさんには鳥運が憑いていると思ったのです。案の定、Aさんが歩くとコミミズクが飛び出しました。ところがその時持っていたのは40D、撮るには撮ったものの証拠写真にしかなりませんでした。

20101205d031_3 コミミズク EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM+ EF2XII トリミング

 そこで5DMKIIに付け替えて、さらにAさんの少し後ろについて進みました。するとまた葦原からコミミズクが飛び出しました。コミミズクは思っていたより大きく、黄色っぽく見えました。

20101205d032

 なるほど顔は平坦です。もう少し真横から撮れてたらと思うけれどこれは仕方のないことでしょう。

20101205d033  羽の長さは思いのほか長いように感じました。コミミズクは長い間空中を彷徨い、北の方へと飛んで行きました。長年見たかったコミミズク、夕暮れにしか現れないと思い込んでたコミミズク、しっかりと眼とCMOSに焼き付けました。やっぱり最初にこの日の鳥運がある人を見つけるのが探鳥会の鉄則ですね。 

« 脱走鴨 | トップページ | 猛禽飛び物三種 »

コミミズク」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい鳥果ですね!
コミミズクに置き隼..なんとも羨ましいです。

コミミズク,昨年逢いたい鳥の一つだったのですが,まだ見れていません.
結構翼が長いのですね〜

ジュリーママさんへ
山陰にすっかりはまりました。また行って見たいです。
今回ヒシクイを見てないし、途中の河川も魅力的でした。

ROBINさんへ
宮崎平野でもじっくり歩いて出したいところですね。
葦原に潜んでいるところは全く気が付きませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 脱走鴨 | トップページ | 猛禽飛び物三種 »

フォト

カテゴリー