• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 雪の日は最高 | トップページ | 早朝の干拓地にて »

2011年1月31日 (月)

瘤鳥マシコ爺さん

20110121d001 ベニマシコ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM+ EF2XII

 青い鳥に黄色い鳥、そして灰色や黒い鳥と見て、次は赤い鳥だと思っていましたが、中々逢えません。ところがR山でばったり出くわしてしまいました。「なんや、こんなところに居ったんかいな」と言う感じです。この日は昼前のたった45分間の鳥見でした。シジュウカラ・アオジ・ヒヨドリ・ジョウビタキとカラスの他は何もです、とぼとぼ山道を戻っていると藪の中に赤系の鳥が。こちらにお腹を見せてベニマシコが留まっていました。

20110121d003  ところがこのベニマシコ、左右で顔が違います。左のほっぺに黒っぽい塊がついています。

20110121d002  拡大してみるとこんな感じです。何かの実がくっついたのか、それとも腫瘍か何かの病気なのかもしれません。血豆の大きなやつと言うか、ちあきなおみのほくろみたいなものか。

20110121d004  ちょっとほっぺの瘤が邪魔そうなベニマシコでした。この後反転して山の奥へと消えました。しばらく待ったけれど降りてきてくれませんでした。きっと鬼のところへ取ってもらいに行ったのかもね。

« 雪の日は最高 | トップページ | 早朝の干拓地にて »

ベニマシコ」カテゴリの記事

コメント

きれいな色のベニマシコですね〜
たぶん,ダニかな?
鬼に取ってもらえるといいですね.

丁度日当たりの良いところに留まっていたのですが、ちょっとバタ臭い色合いになってしまいました。
ダニ?ですか。それだと仲間が食べてくれたりするかもね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪の日は最高 | トップページ | 早朝の干拓地にて »

フォト

カテゴリー