• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« いつか見た蒼い空 | トップページ | 山に登るもコゲラ1羽 »

2011年4月 5日 (火)

親潮の海

201103105d067 ウミネコ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM+ EF2XII

 西風が強く荒れた海でした。ウミネコが対岸の工場群を背景に飛んで行きました。遠くの岩礁にカワウが群れていました。オオセグロカモメやアオサギの姿も見えます。拡大してみるとどうやら本命のミヤコドリも居たようです。嘴を見せてくれたら判りやすかったのですが。

201103105d061  三陸沖は親潮と黒潮がぶつかるいい漁場だということは誰もが習って知っていることだと思います。でも親潮の冷たさを実感した人はあまり居ないのではないでしょうか。その昔、夏のセミナーで宮古に行ったことがあります。宮古の何処だったかは覚えていませんが、海水浴を楽しみました。が、此処の海は表面は暖かいのですが、少し潜ると氷水のように冷たいのです。浅くなったところで立ち上がると、足首が冷たくて痛くなるのです。まさに文字通りの寒流でした。教科書で習うだけよりも実地に体験するほうが確実ですね。

201103105d101  宮古までは、遠野を通って釜石から海沿いを走ったと記憶しています。遠野を通るときは姫神せんせいしょんのメロディーが頭の中をぐるぐるしてたのを覚えています。釜石出身の先輩が居て一緒にTVでラグビーの応援していたのも懐かしい記憶です。今回安否情報を探す中で姫神のメンバーだった方の無事や、ラグビー部のその後などの記事を読みました。記憶の中のモノクロームの景色が少し色づきました。

« いつか見た蒼い空 | トップページ | 山に登るもコゲラ1羽 »

カワウ」カテゴリの記事

ウミネコ」カテゴリの記事

ミヤコドリ」カテゴリの記事

コメント

ミヤコドリ,そちらにも居たのですね.
こちらにはここ数年来ていません.

毎年来るようなんですけれど、潮の加減と漁師さんの操業がないときを狙わないとだめですね。
前に見たときは絶好の条件だったようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いつか見た蒼い空 | トップページ | 山に登るもコゲラ1羽 »

フォト

カテゴリー