• 20191019k32070
  • 20191019k32066
  • 20191019k32067
  • 20191019k32060
  • 20191019e1d4004
  • 20191019e1d4027
  • 20191019e1d4033
  • 20191027k32054
  • 20191027k32057
  • 20191027k32070

« カラシラサギ再び | トップページ | 踊らにゃ損々 »

2011年5月21日 (土)

赤い鳥を探せ

Wide9917

 やがて夕日がさらに傾くとチュウシャクシギやカラシラサギは西へ移動を始めました。彼らについていくと河口にできた干潟に鳥たちが集まっています。ハマシギの群れも何処からかやって来ました。

_mg_9918  なにか珍しいシギ居ないかとフィールドスコープで探すと、赤い鳥を見つけました。ファインダーではよく判らないので居るあたりを撮っときました。確か2羽居たと思ったのですが、1羽しか写ってませんでした。サルハマシギだろうと思っていましたが、コオバシギとのご指摘があります。残念ながら自分の眼力では判断できませんでした。

_mg_9914  帰ってからハマシギの群れをチェックしてたら頭の赤いのを1羽だけ見つけました。なぜかこのカットでしか見つけられませんでした。昔から探鳥ガイドで紹介されているのは伊達じゃ有りませんね。今度はもっと時間に余裕を持って来ないといけませんね。それに1200mmを担いでこないと話になりませんでした。

« カラシラサギ再び | トップページ | 踊らにゃ損々 »

ハマシギ」カテゴリの記事

ダイサギ」カテゴリの記事

トウネン」カテゴリの記事

チュウシャクシギ」カテゴリの記事

カラシラサギ」カテゴリの記事

コメント

集合場所を見つけましたね〜
ここにはたくさん集まって来そうですね.

昔から探鳥ガイドで紹介されているのは伊達じゃないってことですが、いかんせん遠すぎます
でもちょっと僕にもシギチスイッチが入ったようです。

サルハマシギではなくてコオバシギですよ。

通りすがり様、ご指摘ありがとうございます。
コオバシギは見たことないので判断できませんでした。
識別のポイント等、ぜひご教授ください。お願いします。

コオバシギの識別点は以下のとおりです。
①体型が横長で太め。脚が短め。(オバシギをやや
小さくした感じ。サルハマはハマシギをスマートにした感じ。)
②嘴は頭部と同じくらいの長さ。(オバシギよりも
短い。サルハマは頭部の1.5倍程度。)
③夏羽ではオレンジ色味のある赤褐色。(サルハマの
赤とはちょっと違う。)

で、過去の写真も見せていただきましたが、冬羽の
コオバを発見しました。昨年末の写真です。

Monarchさん、ありがとうございます。
これからフィールドスコープを覗く時にコオバシギの情報もしっかり頭に入れておきたいと思います。
ご指摘の冬羽コオバシギは、昨年12月23日の記事のことでしょうか。お恥ずかしながらキアシシギと思っていました。改めて図鑑と見比べると、コオバシギの方が合っていますね。
過去の写真まで丁寧に見ていただいてどうもありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カラシラサギ再び | トップページ | 踊らにゃ損々 »

フォト

カテゴリー