• 20190609k32042
  • 20190609k32052
  • 20190609k32049
  • 20190609k32040
  • 20190609k32023
  • 20190609k32054
  • 20190609k32025
  • 20190609k32016
  • 20190609k32045
  • 20190609k32031

« 新開拓 | トップページ | シャトル »

2011年5月12日 (木)

横取りの事情

_mg_8323 ど干潮のA川での出来事です。車を停めて防潮堤から下を覘くとセグロカモメが何かを突いていました。もし鳥の屍骸だったら大変だと思いましたが、大きなボラのようです。カラスが2羽来て傍で狙っていました。これは面白そうだっていうので車からカメラを取って戻ったら、既にカラスが横取りしていました。でもそれを見つけたトビが上空から迫っています。

201105015d002  トビは物凄い形相でカラスを蹴散らし獲物を横取りしました。こういう時のトビはとても勇敢です。だてに猛禽類を名乗っているわけでは有りません。

201105015d004  その後もカラスとトビの攻防は続きました。その傍らではセグロカモメが「それ僕が最初に見つけたのに」とでも言いたそうにしていました。

« 新開拓 | トップページ | シャトル »

ハシブトガラス」カテゴリの記事

セグロカモメ」カテゴリの記事

トビ」カテゴリの記事

コメント

カラスもセグロカモメも,嘴の形が,引きちぎるようにできていないので,トビがある程度食べた後の方が食べやすいかもしれませんね.
全部食べられたらおしまいですが.
トビ同士,順番待ちしていることもありますよね.

そんな処はともかく、トビの頑張り様うを褒めてあげたい亀吉です。
今回はトビ1羽でしたので順列は確認で来ませんでした。
この研究は面白そうでうすね。ああ僕がまだ1980年代だったらば。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新開拓 | トップページ | シャトル »

フォト

カテゴリー