• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 未だ復興ならず | トップページ | オオワシ吹雪 »

2011年6月16日 (木)

3番目の鵜

Ginennjidai050 ヒメウ ME-super + Σ600mmF8 ミラー  1984年 2月ごろ

 鵜と言えば昔は、ウミウかヒメウだったっが、今ではほとんどカワウである。ちなみにカワウは不忍池にたくさん居るのを見て喜んだくらいだ。東北の海でもヒメウは見ているはずだが、写真には残っていない。これは小樽港ではないかと思うが、港内を泳いでいるところである。

Ginennjidai036  こちらは氷の上のヒメウ。恐らく道東のどこがであると思う。スライドをひっくり返せばその前後関係から場所の推測が出来るのだが面倒である。撮影した頃ははあまり注目していなかったが、今と成っては貴重な1枚である。

« 未だ復興ならず | トップページ | オオワシ吹雪 »

ヒメウ」カテゴリの記事

コメント

ヒメウ,未見ですね.
以前はカワウより多かったのですか〜
氷上ヒメウ,寒そうですね.

要するにカワウの多い場所にあまり行ってなかっただけなんでしょうけどね。
夏羽のヒメウを見に行きたいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 未だ復興ならず | トップページ | オオワシ吹雪 »

フォト

カテゴリー