• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« なぜに東北 | トップページ | 3番目の鵜 »

2011年6月15日 (水)

未だ復興ならず

Ginennjidai058 アカコッコ ME-super + Σ600mmF8 ミラー  1987年 5月 三宅島

 社会人になって2度目のGW、日帰りで三宅島へ行った。今にして思えば、せめて1泊ぐらいするべきだったか。確か夜中に有明埠頭を出て、朝方に島に上陸した。そのまま島を横断し、反対側の港を夕方に出る船に乗った。全く学生気分が抜けていない社会人だったのは間違いない。 暗い森の池で水浴びをしていたアカコッコを見つけたが、ほとんど流れていて一番写りが良かったのがこの1枚。

Ginennjidai056  これは港に集まった人の群れ。帰りの船は満杯で外の通路で過ごしたのを思い出す。最初はアカアシミズナギドリなど見つけて喜んでいたが、そのうち風が強くて寒くなって、ザックの中身を出して暖を取った。

Ginennjidai057  これは多分ミズナギドリの群れだと思うのだが、良く見るとたくさんの鳥の背面が黒く写っている。今でも噴火ガスでマスクを携行しないと上陸できないらしいが、島には希少な鳥たちが元気に暮らしていると言う。鳥見に行くことも復興の力と成るはずだが、ここから三宅島はあまりにも遠い。

« なぜに東北 | トップページ | 3番目の鵜 »

アカコッコ」カテゴリの記事

コメント

日帰りですか〜
今では到底できないので,いい思い出じゃないですか.
私もいつか行きたいですね〜
リベンジ,付き合いますよ.

今回3枚目の写真見つけて、帰りの船の様子をありありと思い出しましたよ。
ぜひ行きましょう。その時は火山ガスレベルが下がってくれてたらいいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜに東北 | トップページ | 3番目の鵜 »

フォト

カテゴリー