• 20191019k32070
  • 20191019k32066
  • 20191019k32067
  • 20191019k32060
  • 20191019e1d4004
  • 20191019e1d4027
  • 20191019e1d4033
  • 20191027k32054
  • 20191027k32057
  • 20191027k32070

« 草原セット | トップページ | ぶれちゃうほどの大声 »

2011年7月 2日 (土)

尾羽打ち枯らす

Eos40d045 ホオアカ  EOS40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

 帰り道、遊歩道の直ぐ脇でホオアカが囀っていました。あんまり近すぎて何処だかわからないくらい。やっと見つけたと思った瞬間に飛び立って、少し奥の穂に留まりました。

Eos40d046  そこで羽繕いを始めましたが、尾はぼろぼろですっかり打ち枯らしてみすぼらしい状態でした。それでも必死に身だしなみを整えています。

Eos40d048  それからまた囀りを始めました。鳥の場合、声、身なり、縄張りのうち、どれがもっとも評価されるのだろうかと思いました。

« 草原セット | トップページ | ぶれちゃうほどの大声 »

ホオアカ」カテゴリの記事

コメント

ほんとうですね,痛々しいです.
求愛,抱卵,子育てですり減ったんですかね.
それとも換羽中?

無茶苦茶な推測ですが、歩道に近いところだったので、縄張り争いに敗れてぼろぼろになって、条件の悪いところで求愛しているんじゃなかろうか?なんて思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 草原セット | トップページ | ぶれちゃうほどの大声 »

フォト

カテゴリー