• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

いらっしゃいエゾビー

_mg_4372 エゾビタキ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 今年もエゾビタキが渡って来ました。いよいよ忙しい季節の始まりです。
エゾビーです、正面の撮り屋さん、お待たせしました」
_mg_4374 「右の撮り屋さん、お久しぶりです」
_mg_4375 「左の撮り屋さん、暑い中どうもご苦労様」
_mg_4376 「今年もどうぞよろしくお願いします。もう飽きたなんて言わずにたくさん撮ってくださいね」
これが、8月最後の日曜日、エゾビーとの今年最初の出会いでした。なんて礼儀正しい奴なのでしょう!。 

2011年8月30日 (火)

渡りのはしり

_mg_4228 セイタカシギ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 東の田んぼにセイタカシギがやってきていました。背中とかの色が茶色で幼鳥らしいです。春にここらを通っていった番の子供だったりして。
_mg_4232  同じところにアオアシシギが4羽、セイタカシギと紛らわしい大きさと色合いでした。
_mg_4321  みんな遠くにいたけれどタカブシギだけは近くに寄ってくれました。
Kusa20110827025  タカブサイズの鳥も一羽、アオアシシギの足元に居ます。
Kusa20110827028  協議の結果、クサシギ幼鳥ではないかと。クサシギようやく初撮りできました。しかし遠かったなあ。

2011年8月29日 (月)

おお、コチドリ

Kochidori20110818023_2 コチドリ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 ヒバリシギに慣れた後で、コチドリがやって来ました。コチドリがやけに大きく見えて仕方ありません。ヒバリシギに比べると、一回り大きいだけなのでしょうが、頭の大きさや胴回りははるかに大きく感じます。
Kochidori20110818022  コチドリもソリハシシギ同様、泥の中の食べ物を探していました。これはミミズの切れ端でしょうか。
Kochidori20110818020  こちらは蛭のようにも見えます。だとすると食べるの大変なんですが簡単に食べてしまいましたので、やっぱりミミズかな。

2011年8月28日 (日)

Sorihashi20110818017 ソリハシシギ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 データを整理したらソリハシシギを撮った枚数の多いこと。目の前をちょろちょろされたのでついつい撮り過ぎてしまいました。もう当分撮らなくていいなんて思っても、また目の前うろちょろされたら自制できないんでしょうね、故郷のチキン南蛮のように。とまれ、水に映った空の色にオレンジの足が映えて綺麗でした。
Sorihashi20110818015  伊達にうろちょろしていたわけでなく、しっかり獲物を捕らえていました。これは巻貝のような感じです。
Sorihashi20110818014  うーん、これは泥のようにも見えます。これから洗おうとしているようです。
Sorihashi20110818019  最後は嘴をアップにして見ました。鼻の穴が長いのですね。
 

2011年8月27日 (土)

いとしのエリー

Erimaki20110818010 エリマキシギ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 遠くに足が赤っぽくて体が黒っぽいずんぐりむっくりに見える鳥が居るなあと思ってたら、こちらへとやってきてくれました。
Erimaki20110818011  やってきたのはなんとずっと逢いたかったいとしのエリマキシギではないですか。特徴は小さな頭と短い嘴。どおりでずんぐりむっくりに見える訳です。背中の羽が寝癖のように出てるのも特徴なんだそうです。雄の立派なエリマキを見たいけれど、色と大きさからすると夏羽の雌が近そうです。エリマキはもともと持っていなかったか。
Erimaki20110818012  食べ物を探すとき嘴が短いので他のシギほど、深くまで差し込めないかな。
Erimaki20110818013  最後はかなり近寄ってくれました。エリマキシギも指が比較的長いように見えますね。もちろん初見初撮り、300種達成まであと9種。

2011年8月26日 (金)

290種

Hibarishigi20110818007 ヒバリシギ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 午前中に見つけたシギチのたまり場、ウズラシギみたいなトウネンサイズの鳥が居た様な居なかったような?順光になるのを待って午後に行ってみると、綺麗な空が映った水辺にヒバリシギが居ました。ウズラシギみたいだけれど胸の模様が違います。
Hibarishigi20110818006  片足を上げたヒバリシギ、指の長さが特徴なんだそうです。確かに体のサイズと比べて長い長い。こちらは鮮やかな色がまだ残っていました。
Hibarishigi20110818008  刈り取り後の田んぼに残った彦生えの稲?と比べても小さいヒバリシギ。この後同じような距離に現れたコチドリがやけに大きく見えました。ともあれヒバリシギ初見初撮りです。帰ってから数えなおしたら丁度290種目でした。いよいよ300までカウントダウン開始。

2011年8月25日 (木)

お約束

Kyoujyo20110818005 キョウジョシギ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 中洲からダイシャクシギ達が飛び立ったとき、1羽だけ逆方向へ飛び去ったシギが居ました。中州でスキャベンジしていたキョウジョシギです。画面の片隅に偶然写っていました。
Kyoujyo20110818001  下流へと移動すると、恐らく同じ個体でしょう、キョウジョシギが1羽水浴びをしていました。
Kyoujyo20110818002  羽ばたきシーン収集家としては絶好のチャンスです。狙い通りに羽ばたいてくれました。もう少し近いと良いのですが。
Kyoujyo20110818003  そしてお約束の空中浮遊、キョウジョシギも少しだけふわりと浮きました。
Kyoujyo20110818004  それからずんずん近づいてくれました。この近さでキョウジョシギ見れて幸せでした。
 

2011年8月24日 (水)

旅の途中

Daisyakutachi006 中州のシギたち  EOS40D + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 突然のスコールが止んだ中州に、シギ類が止まっています。ダイシャク級4羽とチュウシャク1羽が居ます。ソリハシシギも居ました。この日は8月18日、早くも渡りが始まっていました。南国宮崎に既に到着しているわけですから、留守中のMFでも、既に始まっていると思われます。
Daisyakutachi004 ダイシャクシギ、チュウシャクシギ 
 以降EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 1羽のダイシャクが飛び立ちました。釣られて他の鳥も飛び立ちました。
Daisyakutachi002  いったん下流へ向かった後反転、みんな背中を向けてくれました。左から2羽目がホウロクシギと確認できました。
Daisyakutachi005  このまま旅立ってしまうのかと思いましたが、元の中洲に戻って来ました。カルガモが嫌そうに文句を言っていました。

2011年8月23日 (火)

大鮎

Misago20110816001 ミサゴ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 早朝、実家近くの井堰へ行ってみましたが、鷺類のほかは何も居ず帰ろうとしたときでした。ミサゴが下流からすーとやって来ました。
Misago20110816002  1度目は空振りでしたが、2度目のダイブで大きな鮎を捕まえました。きっと堰が天然の鮎梁みたいになっているのでしょう。
Misago20110816003  ミサゴは初め堰堤の上をよたよたと飛んでいました。鮎が暴れて水しぶきが立ちました。
Misago20110816004  それでも最後には山のほうへとゆっくりと昇っていきました。どこで食べるのでしょうか?

2011年8月22日 (月)

夏休み

20110116d087 アオジ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII 江汐公園 1月
 しばらく夏休みにします。まだまだ暑い日が続きます。冬の写真で涼んでいってください。たくさん居たんですがクロジに出番を奪われました。

2011年8月21日 (日)

夏休み-ガサゴソ

20110116d173   EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII 江汐公園 1月
 しばらく夏休みにします。まだまだ暑い日が続きます。冬の写真で涼んでいってください。シロハラは雪が少なくなったところで食べ物を探していました。

2011年8月20日 (土)

夏休み-達磨

20110116d170 ヤマガラ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII 江汐公園 1月
 しばらく夏休みにします。まだまだ暑い日が続きます。冬の写真で涼んでいってください。ヤマガラもジョウビタキに負けじと寄ってきてくれました。

2011年8月19日 (金)

夏休み-鬱

20110116d064 ヒヨドリ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII 江汐公園 1月
 しばらく夏休みにします。まだまだ暑い日が続きます。冬の写真で涼んでいってください。このヒヨドリだけは心底雪に参ったような顔をしてますね。

2011年8月18日 (木)

夏休み-緩

20110116d027 メジロ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII 江汐公園 1月
 しばらく夏休みにします。まだまだ暑い日が続きます。冬の写真で涼んでいってください。メジロも凍えずに雪の中がさごそしてました。

2011年8月17日 (水)

夏休み-チャームポイント

20110116d043 カワラヒワ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII 江汐公園 1月
 しばらく夏休みにします。まだまだ暑い日が続きます。冬の写真で涼んでいってください。いたずら者ぽいカワラヒワです。群れで居ました。

2011年8月16日 (火)

夏休み-懐冬

20110116d012 ジョウビタキ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII 江汐公園 1月
 しばらく夏休みにします。まだまだ暑い日が続きます。冬の写真で涼んでいってください。雪が降っても愛想が良いジョウビタキです。

2011年8月15日 (月)

夏休み-冷感

20110116d028 ホオジロ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII 江汐公園 1月
 しばらく夏休みにします。まだまだ暑い日が続きます。冬の写真で涼んでいってください。ホオジロも雪に藪を追い出されたようです。

2011年8月14日 (日)

夏休み-白熊

20110116d009 エナガ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII 江汐公園 1月
 しばらく夏休みにします。まだまだ暑い日が続きます。冬の写真で涼んでいってください。雪の塊が落ちて砕けていきました。

2011年8月13日 (土)

夏休み-お話中

20110116d001 コゲラ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII 江汐公園 1月
 しばらく夏休みにします。まだまだ暑い日が続きます。冬の写真で涼んでいってください。コゲラはずっと背中を見せてました。

2011年8月12日 (金)

花火2011

Hanabi2011002  ローソンが近くにできていつも便利で感謝しています。突然ビールが飲みたくなっったら冷蔵庫代わりに利用していますからね。それでも年に一度だけ、ローソンができたことが恨めしい日があります。
Hanabi2011003  広角レンズではどうしても看板が入ってしまうので望遠レンズを使ってみました。色々と面白い絵が撮れました。
Hanabi2011013  三脚無しで撮れると判ったので、来年はせめて前の道まで出て行って撮って見ようかな。

2011年8月11日 (木)

蝉時雨2~以心伝心

20110807dmkii009 ツクツクボウシ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 アブラゼミの下にはツクツクボウシが留まっていました。声はずいぶん大きいのにアブラゼミよりちっちゃいんですね。子供の頃ツクツクボウシが鳴くと、もう夏休みも終わりだな~と思ったものです。
20110807dmkii017  ツクツクボウシが出る頃はもう蝉取りにも飽きているのであんまり捕った記憶はありません。朝よりも夕方によく鳴いていた印象が残っています。

2011年8月10日 (水)

蝉時雨

20110807dmkii020 アブラゼミ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 アブラゼミのメタモルフォーゼがやっと活発になったようです。最近はクマゼミが多くて、アブラゼミの声も掠れがちです。
 
20110807dmkii008 でもこの場所にはアブラゼミがたくさん居ました。小さな木に数羽留まっていて傍を通ると飛び回るのです。昆虫嫌いの人ならパニックになりそう。
20110807dmkii018  久々に懐かしい蝉の声を聞いた気がします。子供の頃はクマゼミの方が珍しくて貴重だったのにね。
 
 

2011年8月 9日 (火)

沢ヤマガラ

20110807dmkii003 ヤマガラ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 もう一度オオルリ来ないかなと待っていたら背後からヤマガラの声。沢の水を飲みに降りて来ました。
20110807dmkii005  この後少し上で水浴びもしてくれたんだけれど、木が邪魔していて残念でした。やっぱヤマガラ、サービス精神旺盛です。

2011年8月 8日 (月)

初めての一枚

20110807dmkii001 オオルリ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF1.4XII

 先週逢ったオオルリの雛たちは予想通り巣立った様子でした。下る途中、数羽の黒っぽい小鳥の群れに逢いました。逆光で良く判らなかったけれどオオルリ一家だったのかもしれません。

20110807dmkii002  沢のところで休んでいたらオオルリの若鳥に逢いました。きっと今年此処で産まれたオオルリなんでしょう。顔も黒く、羽にも黒いところがあります。ひょっとして写真撮られたのは初めてかな?なんてね。

2011年8月 7日 (日)

秋の足音

201107235d017 ホオジロ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 ホオジロが芒に留まって囀っていました。
201107235d018  芒の尾花がすこし秋が近いことを教えてくれてました。

2011年8月 6日 (土)

青空

201107235d002 チュウサギ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 青空にチュウサギが一羽飛び立っていきました。
201107235d020  青空からコサギが一羽帰ってきました。雲ひとつない青空でした。

2011年8月 5日 (金)

ウリ坊との遭遇

2011011540d086 ジョウビタキ  EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
 S山の上り口の田んぼではイノシシ囲いを作っていました。辺りの路面にはイノシシの足跡がありました。今の時期はミミズを探しに田の中に入るそうです。もう少し実ると稲を荒らしに来るのだとか。あれは、今年の初め、雪が積もった前の日のことでした。E公園のキャンプ場付近でジョウビタキを見つけました。泥の上で食べ物を探していますが、何か気になることがあるようで右の方向をじっと見てます。
2011011540d083  それで右にレンズを振ってみると、毛むくじゃらの生き物が泥に鼻を突っ込んでいました。背中には縞模様も見えます。ジョウビタキそっちのけで、連写また連写しました。
2011011540d067  なんか文句あっかとばかりにこっちを見つめました。鼻の頭が泥で汚れています。いつ親イノシシが現れて、「我、うちの子に何すんねん」とど突かれるのじゃないかとびくびくしながらの撮影でした。
 

2011年8月 4日 (木)

幻の大物

20110723k20d008 チュウサギ K20D+A★1200mmF8 ED
 今度は水しぶきをあげて獲物を捕まえました。少し大きそうです。コエビとかじゃなくてハゼくらい有るのではないでしょうか。
20110723k20d014  でも食べるときの様子からすると魚ではないようです。巻貝のようにも見えます。
20110723k20d020  チュウサギは食べ終わると直ぐに獲物を探し始めました。

2011年8月 3日 (水)

やっと声を聞く

20110731d009 コオニヤンマ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF1.4XII
 早朝S山へ行く。今季まだ一度も聞いていないあの声がどうしても聞きたくて。今朝は強力助っ人に付いているので期待大である。待ち合わせより早く着いた為、水辺でトンボを鑑賞。オニヤンマより小型のヤンマを発見。図鑑で調べると、第一印象どおりにコオニヤンマというらしい。
20110731d007  別のところに留まった瞬間、翅がヘリコプターの回転翼の様に回っているようだ。この後、S山のポイントを回る。一人では行ったことのない場所でオオルリの巣の説明を聞いていると、林の中からホイホイ2鳴き。結局姿は見えず。今後は幼鳥連れに期待したい。

2011年8月 2日 (火)

もっとおもてなし

201107235d011 ホオジロ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 またホオジロが近くにやって来ました。ノートリでこの距離です。まるでジョウビタキ♀のようにフレンドリーでした。
201107235d015  これもっと近う寄れ、といっているはずはないでしょうが、こちらをチラッと振り向きました。
201107235d016  IE9にバージョンアップされたら日本語入力がおかしくなって使いづらくてしかたありません。遂に見放して今日からはFirefoxで打ち込んでいます。IE9のときに比べると快適に打ち込めます。

2011年8月 1日 (月)

パラボラアンテナ

201107235d022_2 アオサギ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 刈り取りの終わった麦畑にアオサギが居ました。なんだか変なポーズです。
201107235d023  この姿勢のまんま首の辺りを掻いています。
201107235d025  他のアオサギは普通の姿勢だったのでこの個体だけが変な奴かと思っていましたが、電車の窓から同じ格好のアオサギを見かけました。きっとTVが写らなくなったので衛星放送を受信しようとしてパラボラアンテナを真似ているのにちがいない。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

フォト

カテゴリー