• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 三つの「か」~その3 | トップページ | 鶴の里 »

2011年12月 5日 (月)

白眼

20111126e5d040 ミヤマガラス  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 東の干拓地ではたくさんのミヤマガラスが舞っていました。きっとこの中にコクマルも居るのだろうけどとても探しきれません。白いのが居れば直ぐ判るのにね。
20111126e5d008  これだけ数が多いので中には人怖じしないのも居るわけです。テレコン無しトリミングなしでこの大きさです。観測所の近くのミヤマガラス、全く逃げるそぶりがありませんでした。眼を入れるのが難しいのですが、白眼なら簡単に入りました。
20111126e5d012  こちらの2羽は大きさがずいぶん違って見えます。お母さんに甘える子供のよう?
 

« 三つの「か」~その3 | トップページ | 鶴の里 »

ミヤマガラス」カテゴリの記事

コメント

同じミヤマガラスでも大きさの明らかに違うのっていますよね〜
コクマル,声はしませんでした?

白黒のは朝方なら出没するらしいです。声はわかりませんでした。
色々見るにはじっくり腰を据えて探鳥しないと難しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三つの「か」~その3 | トップページ | 鶴の里 »

フォト

カテゴリー