• 20190916k32155
  • 20190916k32160
  • 20190916k32165
  • 20190915k32144
  • 20190915k32145
  • 20190908k72038
  • 20190908k72039
  • 20190908k72016
  • 20190908k72022
  • 20190908k72005

« スズガモキング | トップページ | ヒトとサルの間 »

2012年1月 7日 (土)

同窓会

12月30日は毎年恒例の餅つきの日、今年は若者たちが頑張ってくれたので少し楽でした。その分恒例の早朝鳥見に時間をかけれました。FZ150×1.7でお気軽鳥見と決め込みましたが、こういう日に限ってハイイロチュウヒ♀が眼の前を通過していくんですね。一眼ならばゲットできたはずなのに
20111230fz037  カモ類はマガモ、カルガモ、ヒドリガモ、オナガガモが田んぼに上がって藁に残った米?を啄ばんでました。時々一斉に飛び立ちますが、猛禽の所為ではなく人の散歩に驚いての飛びたちです。川にはホシハジロとコガモが居ました。キンクロハジロは今年は欠席でした。
20111230fz017  芦原の手前でタシギがお休み中。嘴を見せてくれないかと期待しましたが、オオバンが前を横切っても知らん顔でした。その他水鳥は、イソシギ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、カイツブリ。
20111230fz103  小鳥類は、アオジ、ジョウビタキ、タヒバリ、ハクセキレイとムクドリの群れ。変わりムクドリは居ませんでした。
20111230fz089  こういう日に限ってチョウゲンボウも出てくれました。他にミヤマガラス、トビ、キジバト、カワウくらいが出席してくれたかな。おなじみの顔ばかりですが、毎年やっているとちょっとした同窓会のようです。

« スズガモキング | トップページ | ヒトとサルの間 »

タシギ」カテゴリの記事

チョウゲンボウ」カテゴリの記事

ヒドリガモ」カテゴリの記事

アオジ」カテゴリの記事

コメント

ハイチュウ♀,残念でしたね.
アオジは今年まだ撮影していませんね.
良い環境ですね〜

実家の周りは変わってしまいましたが、車で10分ほどのこの場所、何時までも変わらないで欲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スズガモキング | トップページ | ヒトとサルの間 »

フォト

カテゴリー