• 20200802k32017
  • 20200802k32021
  • 20200802k32008
  • 20200607k1i043
  • 20200607k1i039
  • 20200607k1i008
  • 20200607k1i009
  • 20200607k1i014
  • 20200607k1i019
  • 20200517k1i059

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

オレンジ3号

201202125dmk2033 アカハラ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 葉っぱの中で動く影。頭だけ出してアカハラが留まっていました。時々顔を葉っぱの中に突っ込みます。
201202125dmk2039  顔を上げると黒い実を咥えていました。鳥たちの出足が遅かった分、たくさん食べ物があるのでしょう。この木には数羽のアカハラが入れ替わり飛んできては採餌していきました。手前に藪がなければもっと良かったのですけどね。
201202125dmk2045  食べ終わってようやく体が見えました。この子もオレンジ軍団の一員なのでした。

2012年2月28日 (火)

オレンジ2号

201202125dmk2069 カワセミ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 ジョウビタキが居る居ると思っていたら、右手に青い鳥が留まっているではありませんか。この冬比較的出現頻度の高いカワセミです。そういえばこの前もこの辺で逢いました。
201202125dmk2071  わー飛んだと思ったら、ダイブして別の石の上に。飛んだ瞬間の残像は瞳に焼き付いていましたが、映像素子には全く残っていませんでした。やはり一眼は見えたものは写らない宿命です。小さな魚か何か捕まえたか、嘴を動かしていました。が、獲物は見えませんでした。
 
201202125dmk2075  上空を何か飛んだのでしょうか。空の様子を窺っています。

201202125dmk2081_2  それから振り向きました。青い背中と対蹠的なオレンジ色が綺麗でした。

2012年2月27日 (月)

オレンジ1号

201202125dmk2063 ジョウビタキ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 この日はジョウビタキによく逢います。この子で3羽目のジョウビタキ♀。2羽目の子がよそよそしかったけど、この子はまずます相手してくれました。
201202125dmk2064  その先に進んでやっと雄のジョウビタキ。春めいた日差しの中に居ました。同じ場所にオレンジ2号が出てしまったので、あまりかまってやれませんでした。
201202125dmk2082  それでも2号が去った後でも、ずっと居てくれました。今年は数少ない貴重なジョウビタキ。

2012年2月26日 (日)

藪の中

201202125dmk2023 ツグミ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 声はすれども姿は見えず。見えるところに留まるのは鶫ばかりなり。マミチャジナイはまだ居るもののこの日は藪の中からほとんど出てきません。双眼鏡なら捉えられるけれど、枝が邪魔で撮影は無理。1週間前に、たくさん見れたのはとっても幸運なことだったようです。
201202125dmk2059  それでも何度も粘っていたらやっと1羽収まりました。シロハラかとも思いましたが、マミチャジナイの顔をしていました。
201202125dmk2056  こちらの藪には、灰色とオレンジ色の対比が鮮やかな鳥。ひょっとして295種目かと期待しましたが、アカハラのようでした。
201202125dmk2054  先週は事後確認でしたが、この日は現場でアカハラ確認できました。この季節のツグミ類、シロハラやツグミ以外の種類を今まで見逃していたようです。

2012年2月25日 (土)

青空ノスリ

201202125dmk2024 ノスリ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 少しずつ近づいてみました。散歩やジョギングする人も近くを通りますが、飛び立ちません。この日は青空がとてもきれいでした。
201202125dmk2026  も少し近づいてみました。カメラ持ってる僕だけは気になるようですね。
20120212fz104  FZ150×1.7を出して撮って見ました。顔の周りに虫が飛んでいるのが写っていました。
20120212fzm106  飛び立ちの瞬間です。ムービー切り出しです。連写速度60コマ/秒のひとコマなら楽勝なんで、これで画質がかわらなきゃ最高なんですけどね。

2012年2月24日 (金)

枝被りノスリ

201202125dmk2015 ノスリ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 前方で茶色の鳥が飛び立ちました。ノスリでした、幸い先の木に留まってくれました。
201202125dmk2016  ノスリの留まった木にツグミが飛んできました。全く恐れないんですね。そういえば前にスズメがノスリの前をうろちょろしてたことも有りました。
201202125dmk2017  近づいてみましたが、丁度顔のところに小枝がありました。
201202125dmk2018  小枝をかわそうと苦労していると飛ばれてしまいました。でもまだ道沿いの木だし、今度は障害物がありません。

2012年2月23日 (木)

春コゲラ

201202125dmk2009 コゲラ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 どこからか木を突く音が聞こえてきました。お天気に誘われてコゲラの動きも活発になったのでしょうか。
201202125dmk2010  頭の赤いところが一瞬見えました。
201202125dmk2013  コゲラは枝の裏表、上下を動き回り全くじっとしてくれません。
201202125dmk2014  最後にちょっとだけポーズを決めて、木立の中に消えていきました。

2012年2月22日 (水)

春遠からず

201202125dmk2002 ジョウビタキ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 マミチャジナイの大群に逢えた1週間後、いい天気の日でした。まだ居ないかなぁと思い、ウォーキングがてらでかけてみました。歩き始めて直ぐに前回は出会えなかったジョウビタキが迎えてくれました。
201202125dmk2005  ホオジロが真っ青な空をバックに歌っていました。この日はウグイスの囀りも聞こえましたし、空耳かと疑いましたがコジュケイのちょっと来いも藪の中から聞こえてきました。もちろんツグミ類の賑やかな声も藪の中から聞こえて来ました。

2012年2月21日 (火)

ウォーキング鳥見

20120205fz010 ホオジロ FZ150×1.7
 この日、思いがけずマミチャジナイの群れに遭遇し、ツグミ・シロハラ・アカハラ・クロツグミのツグミ類大行進を楽しめました。その他の小鳥類としては、ホオジロ類の声がたくさん聞こえました。早くも囀っている個体もあり。ただなかなかいいところに出てきてくれません。アオジやクロジは確認できず。去年はたくさん居たのですが。
20120205fz055  シジュウカラが枝の中でまったりしていました。
20120205fz057  黒い頭がキュートです。チャマを付けて呼びたい気分。結局午前中だけで12,000歩、翌日足が攣りそうになりました。久々の鳥見ウォーキング、いい運動になりました。

2012年2月20日 (月)

ミコパンダ3X3

20120205fz058 ミコアイサ FZ150×1.7
 公園にかかる橋の上からは、白い鴨の姿も。大好きなミコパンダが気持ち良さそうに泳いでいました。残念ながらカイツブリのようには近寄ってくれませんけどね。
20120205fz068  この日は♂♀3羽ずつを確認しました。ここから毎冬いつも見れるのなら、この公園の名物にぜひとも推挙したいところです。

2012年2月19日 (日)

もっと近くにマミチャじゃない

20120205fz039 マミチャジナイ FZ150×1.7
 なかなか近寄らせてもらえませんでしたが、ずっと突っ立っていたら少しずつ近くに来てくれました。苔むした石の上にもマミチャジナイ。
20120205fz032  今回見たマミチャジナイの雌は図鑑ほどあごの白さが目立ちません。雄と比べると全般的に色が薄い感じ。蔓巻いた枝で振り向くマミチャジナイ。
20120205fz037  一番近くに来たのはこの子でした。食べ物を探すのに夢中だったようです。我もまた撮るのに夢中マミチャジナイ。

2012年2月18日 (土)

浮かぶぬいぐるみ

20120205fz062 カイツブリ FZ150×1.7
 公園にかかる橋のうえから眺めていたら、緑の水の上をカイツブリが泳いでいました。まん丸でまるでぬいぐるみのようです。
20120205fz063  水の色は緑色ですが、水かきがよく見えるので濁っているわけでは有りません。正確に知らないけれどここの水深って結構あるのかも。
20120205fz064  橋のたもとまで寄ってきて1羽は被さった枝の陰で休憩中。
20120205fz065  もう1羽も藪の下に入りました。手前に赤い実が残っています。昨年はこの辺でアオジとかもたくさん見かけたのですが、この日は1羽も見かけません。

2012年2月17日 (金)

地上で採餌

20120205fz024 マミチャジナイ FZ150×1.7
 地上に降りたマミチャジナイ、いったい何を食べているのかしら?芝の根っこのようなものを咥えていました。
20120205fz026  マミチャジナイの♂は顔が黒くて眼の上下に白線がくっきり。
20120205fz035  個体によって色の濃さや、線の太さも違うようでした。
20120205fz034  鳴いてくれました。幸い警戒音ではなさそうでした。だって一斉に逃げたりはしなかったもん。

2012年2月16日 (木)

逃げないカラス

20120205fz050 ハシブトガラス FZ150×1.7
 道の向こうにカラスが2羽、進むと1羽は直ぐに逃げたけれど、もう1羽は何かに夢中。
20120205fz053  如何見ても食べ物には見えないのですが、巣材にでもするつもりなのかしらん。
20120205fz052  結局前を通り過ぎるまでそこに居ました。なんだか可愛いハシブトガラスでした。

2012年2月15日 (水)

水浴び

20120205fz017 マミチャジナイ FZ150×1.7
 水辺でマミチャジナイが水浴びをしていました。雪解け水ほどではないでしょうが冷たそう。
20120205fz020  水浴びをしている間に別の個体がやって来ました。
20120205fz021  そしてまた別の個体も。結構長い水浴びでした。

2012年2月14日 (火)

この季節初めて

20120129e5d159 マミチャジナイやツグミに混じっていたこの鳥さん。いったい何鳥??
20120205fz045 クロツグミ FZ150×1.7
 その後公園の奥で、見つけましたクロツグミ。南へ向かう途中なのか、もう北へ向かおうとするせっかちさんなのかはわかりませんが、
この季節に見るのは初めてです。最初の写真はクロツグミの雌である可能性が高そうです。
20120205fz047  もう1羽飛んできたと思ったらシロハラでした。2羽とも画角に収める前に、牽制しあって2羽とも飛んでいってしまいました。
 

2012年2月13日 (月)

予想外

20120205fz008 マミチャジナイ FZ150×1.7
 平日に雪が積もった週の日曜日、公園に雪が残っていないかと期待して行って見ましたがほとんど残っていませんでした。今年の状況からして、鳥はあんまり居ないだろうと思いウォーキングのつもりで軽装で出かけました。ところが奥に入ると思いのほか賑やかな鳥たちの声が聞こえ、50羽くらいの群れが空を飛び交って居ます。いったいなんだろうと思い、留まったところで確認すると、マミチャジナイの群れでした。
20120205fz009  それでも帰ってパソコンで確認するとアカハラも混じっていたようです。
20120205fz013  そのうち下のほうに降りてきて、茂みや地面がマミチャジナイで溢れました。
20120205fz012  この冬は328を持っていないときに限って、マミチャジナイによく逢います。

2012年2月12日 (日)

後悔

Ookara014 オオカラモズ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 この日、FZ150を帯同しなくて後悔したのが、オオカラモズの鳴き声を撮れなかった事。5DMKIIの動画機能でもよかったがなにせ小さい。等倍に近いトリミングでやっとこさこの大きさ。でもね警戒心強いことに越したことは無い。猛禽が空から狙っているからね。
Ookara016  この日は蟹歩きで、枝被りの少ない場所に移動。光線の加減も少しよくなりちょっと近づけた。
Ookara017  ここからだるまさんが転んだ作戦を敢行する目論みでしたが、その前に飛ばれてしまいました。

2012年2月11日 (土)

一日二回

20120129e5d150 カワセミ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 この日二回目のカワセミです。今度の方がも少し近いかな。
20120129e5d153  嘴を開いてくれました。この冬、カワセミはあちこちでたくさん見かけます。

2012年2月10日 (金)

20120129e5d142 ミサゴ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 海のほうに眼を向けると、ミサゴが留まっていました。写真は撮りませんでしたが、このほかにウミアイサやハジロカイツブリの姿も。
20120129e5d145  カンムリカイツブリが浮いてきました。あごひげが決まっていました。

2012年2月 9日 (木)

狙いはいったい

20120129e5d141 カワセミ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 このところカワセミとニアミスしてるのになかなか写真を撮らせてもらえません。この日は遠かったけど石橋の上で獲物を探しているカワセミに遭遇。車の中からですが、やっと撮らせてもらいました。
20120129e5d136  下には何が居るのかな?小魚の代わりにクサシギが居ました。やっぱり越冬してるじゃない!でも先日2羽見かけたのに、1羽だけでした。カワセミに襲われることは無いにしても、腹をすかした猛禽がうようよ居ますからね、このあたりには。

2012年2月 8日 (水)

配達人

20120129e5d090 ヨシガモ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 池にはヨシガモも1羽いました。頭の緑色が綺麗です。岸辺に居たのですが、見てる間に池の中央へすーと泳いでいきました。
20120129e5d093  大きな水しぶきをあげて潜りました。ヨシガモは潜水ガモなんですね。昨日のオカヨシは違います。
20120129e5d096  大きな水草を加えて浮いてきました。頭がナポレオンのように見えました。他のカモたちがすーと近寄っていきます。
20120129e5d099  水草が大きすぎて口に余るようで羽をばたばたさせました。この後多くの鴨が寄ってきて、ヨシガモ君は大人気です。
20120129e5d158  ヒドリガモが水草をさらっていきました。後に長い行列が出来ました。この後ヨシガモはまた潜って今度は自分の口に入るだけの水草を加えて浮上しました。
 

2012年2月 7日 (火)

ナカヨシガモ

20120129e5d086 オカヨシガモ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 池にはオカヨシガモの姿もちらほら。意外にもブログ初登場。うっかりしていました。以前はK浜でしょっちゅう見ていたのだけれど、昨今はあまり見てませんでした。
20120129e5d087  ペアで仲良く、餌採りです。タイミングもバッチリでした。
20120129e5d088  それでも雄の方がうまく水草を食べたのか?雌の方ががめついのか、はたまた雄の方が諦めが早いのか、顔を上げるタイミングはずれてしまいました。

2012年2月 6日 (月)

課題解決

20120129e5d157_2 ヒドリガモ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 一通り猛禽類は出たので、鴨の観察にとあるお池までいきました。ここにはヒドリガモがいっぱい。ヒドリガモは意外にセンシティブで、行くとさーと遠くに行ってしまいます。それでも池の中央の集団は、押し競饅頭を続けていました。
20120129e5d084  逆に近くに飛んできたこのヒドリガモ、頭の後ろが絶壁でした。
20120129e5d118  岸で休んでいたヒドリガモも飛んで池の中へ、豪快に着水です。
20120129e5d121  それから、羽ばたきました。実はヒドリガモの羽ばたき、結構難関だったんです。遠くで見たことはあるものの、近くではなかなかタイミングもわからず、コレクション出来ずじまいでした。やっと課題解決かな。

2012年2月 5日 (日)

ハネムーン

20120129e5d069 マナヅル EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 マナヅルが2羽、越冬中です。出水でたくさん見たので別にいいかと思っていましたが、2羽しか居ないというのもまた良いですね。団体さんから外れて、2羽だけで新婚旅行中なんでしょうか?
20120129e5d071  飛び立ったマナヅル、嘴に穴が開いているように見えますが、鼻の穴なんでしょうか?
20120129e5d076  2羽もつれ合うように、飛んで行きました。出水ではあまり気にしない所為か、ここではツルとの距離感が難しい。 

2012年2月 4日 (土)

猛禽三昧

20120129e5d045 チョウゲンボウ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 それにしてもこの日は猛禽類オンパレードでした。田んぼの脇にチョウゲンボウが降りてました。どこから撮っても草が被る位置でした。あんまり目立つところに居ると、ハイチュウに狙われるから、ここがいいのかもしれません。
20120129e5d079  電柱にはハヤブサが留まっていました。1200mmを出してたら飛ばれてしまい、残念!と思っていたら戻ってきてくれました。
20120129k20d029  同じ電柱の天辺に止まりましたが、まあそれだけです。小鳥類が出るのを見張るにはいい場所なんでしょう。

2012年2月 3日 (金)

食物連鎖

20120129e5d052 ハイイロチュウヒ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 ハイイロチュウヒは低空ですーと田んぼの上を滑空していきます。狙いはなんなのでしょうか。
20120129e5d155  ハイイロチュウヒの先に、先ほどのコチョウゲンボウが居るではありませんか。
20120129e5d064  コチョウゲンボウも慌てて逃げ出しました。双眼鏡で見てた方々からはあーという声が上がりました。
20120129e5d156  捉まるかと思いましたが、コチョウゲンボウのほうがスピードがありました。あやうくツグミ→コチョウゲンボウ→ハイイロチュウヒの食物連鎖が繋がる所でした。この冬は小鳥が少ないのでこの近所では既にコミミズクが連鎖の輪の中に消えたそうです。合掌。

2012年2月 2日 (木)

魔王現わる

20120129e5d049 コチョウゲンボウ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 飛び立ったコチョウゲンボウは、少しだけ飛んでまた田んぼへ降り立ちました。お腹いっぱいで休憩でしょうか。次への移動のために、1200mmを仕舞った直後でした。視野の右隅に白黒の鳥が現れました。
20120129e5d051  ハイチュウ、ハイチュウと叫びながら、車に直すために丁度手に持っていた328で追っかけました。明るい時間でも魔王はやっぱり出るんですね。

2012年2月 1日 (水)

弱肉強食

20120129k20d018 コチョウゲンボウ  K20D + A★1200mmF8 ED
 田んぼの畦の上で、コチョウゲンボウが食事をしていました。最初は遠かったのですが、車で少し近づきました。食事中ということで逃げないでくれました。それでも距離は大分有りました。でもコチョウゲンボウ、しかも貴重な雄をこの距離で見れたのは初めてです。獲物の赤い肉と、コチョウゲンの羽の生えた太い足が印象的でした。
20120129k20d023  食事が済むと、叢で嘴を綺麗に拭いていました。
20120129k20d026  それから畦の上をうろうろとして、羽の濃い灰色を見せ付けてくれました。
20120129k20d027  それから満を持して飛び立ちました。飛び立った後有志が獲物はツグミと確認しました。
 

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

フォト

カテゴリー