• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

もう一羽のツメナガセキレイ

20120320e5d056 ツメナガセキレイ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 本家ツメナガセキレイは枝にも留まってくれました。本当に愛想良い個体だったんだけれど、やっぱり黄色味が少ないと物足りません。
20120320e5d036  同じ場所にもっと黄色いツメナガセキレイも居ました。こちらはマミジロツメナガセキレイでした。体全体が黄色いけれど、こちらも尻尾が短く幼鳥ぽい個体でした。
20120320e5d041  残念ながら、あまりフォトジェニックな場所には留まってくれませんでした。

2012年3月30日 (金)

根性、根性、ど根性

20120320e5d010 モズ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 この冬はモズがよく出ます。それも近くまで。この日逢ったモズは丸々としていました。何を食べているのかは判りませんがきっと栄養がいいのでしょう。それともナンキンハゼの実を食べるのでしょうか?でも実を食べる仕草は全くしませんでした。
20120320e5d015  こちらを向きました。睨んでいるようですが、狸のような、ど根性ガエルの登場人物の様でもあります。タイトルのフレーズ、しばらく頭を離れそうにありません。逆境に遭った時、唱えてみたいと思います。

2012年3月29日 (木)

芸人天国

20120318k20d195 ウミアイサ  K20D + A★1200mmF8 ED
 厚狭川のウミアイサ、この日は雄が妙な格好をしています。春なのでディスプレイを始めたみたいですね。
20120318k20d199r  こちらのペアはまさに求愛の真っ最中でした。雄は首ひねって空に向かって嘴を伸ばします。
20120318k20d200  そしたらごめんなさいポーズ。
20120318k20d201  もう一回さっきのポーズです。ちょっと光線の具合がよくなりました。
20120318k20d202  そして今度は背伸びのポーズ、こういう面白いポーズを、まじめな姿勢を織り交ぜながら次々と決めていきます。隣で雌はニコニコしているようです。ウミアイサの世界では面白いポーズを決める雄がもてるのでしょうか。ウミアイサ界は女優さんやアイドルをお笑い芸人がお嫁さんにする芸能界と似ているのかもしれません。
 

2012年3月28日 (水)

帰ってきたクロツラセブン

20120318k20d152 クロツラヘラサギ K20D + A★1200mmF8 ED
 島から戻ったその足でクロツラヘラサギのところへ行ってきました。先日はお留守でしたが、この日は7羽戻ってきていました。
20120303e5d331  そのまま潮が満ちるのを待っていたら、突然飛び立ちました。釣られてカモたちも飛び上がったようです。(以下
EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII)
20120303e5d335  ひいふうみ~、おや6羽しか居ないぞと思っていたら、
20120303e5d342  第2陣が飛び立ちました。1羽だけ遅れたようです。最後の1羽は首のところが黄色くなっていました。クロツラヘラサギはこちらから死角となる葦の陰に皆降りてしまいました。お留守のときはあそこに隠れているのかもしれません。次から居ないときは反対岸から確認せんとならんですね。
 

2012年3月27日 (火)

ウッシー、ヒッシー

20120318e5d180 ウミウ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 ウミウがへんてこな肴を捕まえていました。鯰みたいに見えました。ウミナマズてのが居るのでしょうか。
20120318e5d187  大きすぎて食べるのに一苦労していました。時々魚も暴れるようです。咥えなおしたり、締めたりいろいろ大変です。
20120318e5d190  ようやく飲み込み始めました。それでも大きいので口が裂けそうです。
20120318e5d194  首を伸ばしてごっくん。ご馳走様です。
20120318fz148  島の反対側にはヒメウも居ました。くちばしの細いシルエット、いやー懐かしい。それにしても鵜って恐竜と間違えれてもおかしくなさそう。

2012年3月26日 (月)

猛禽愛ランド

20120318e5d178 ハヤブサ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 天気がよくなることを信じて、西の島へと出かけましたが、結局1日中小雨模様でした。この島はこの時期、ハイタカの渡りが見られるというのです。島にかかる長い橋で出迎えてくれたのは絶壁に留まったハヤブサでした。結局背中しか見せてくれませんで、時折振り向いてこちらを窺っていました。
20120318e5d177  絶壁の反対側には、ミサゴが飛んできて木に留まりました。おやこちらを睨んでいますね。近くに巣もあるらしいです。
20120318fz149  この日ハイタカは結局わたらずじまいでした。今年は例年より少ないようです。それでも帰る頃に雄のハイタカが見送ってくれました。逆光白抜けでさんざん苦労したのですが、結局赤い色が一番よく出てたのはFZ150で撮った一枚でした。5DMKII敗れたりってところです。

2012年3月25日 (日)

立て、飛べ、行け

20120320e5d001 ツメナガセキレイ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 立て、光みなぎるこの丘に♪~
光よりも臭気がみなぎる丘にツメナガセキレイが立っていました。黄眉の本家ツメナガセキレイは初めてです。顔のところとお腹のところが少しだけ黄色くなっていました。尾もまだまだ短いようです。人間なら高校生くらいでしょうか。
20120320e5d003  飛べ、強く羽ばたけ大空を♪~
シマアジが焼いた葦原に立ち寄ってくれました。岸辺近くまで寄ってきて呉れましたが、通行人があり飛び立ってしまいました。思わずその人の背中に、Good jobの言葉をかけてしまいました。常連鴨の飛ぶシーンよりも、滅多に逢えない鴨の飛ぶ姿のほうが絶対価値が高いからね。
20120320e5d002  行け、広き世界の国々へ
♪~
珍しくオオハムが小さな漁港に入ってくれました。こんな距離でオオハムが見れるなんてラッキーでした。でも何時までもここに居てはいけません。早く大海原に戻って立派な生殖羽に変わって逞しく成長して欲しいものです。

2012年3月24日 (土)

渡り鳥警戒警報発令中

20120303e5d316 ヤツガシラ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 今年もヤツガシラが民家の庭先をいきなり訪問してくる季節がやって来ました。このお宅でも布団干しか何かに使っているような竹ざおにヤツガシラが留まっていました。
20120303e5d317  前を向いていたヤツガシラ、後を向いてきょろきょろ。
20120303e5d318  その後、下を向きました、食べ物になる虫が蠢いたのかな?
20120303e5d319  それからこちらを向きました。ヤツガシラも警戒しているようですが、我々もこの季節、何時どんなところに渡り鳥が現れてもいいように警戒を怠ってはなりません。楽しい季節が始まりました。

2012年3月23日 (金)

渡りの季節

20120303e5d305 ホオジロハクセキレイ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 駐車場に使われてた空き地にホオジロハクセキレイが立ち寄りました。団体さんです。みんなスマートな体つきと、真っ白い顔にキュートな眼、背中は黒く、夏羽でした。
20120303e5d309  尾を立てた姿も可愛くて堪りません。
20120303e5d306  停めた車の周りをうろちょろしています。ああ、あの車に乗ってりゃ良かった!
20120303e5d314  何とか近づいてくれないかなぁと思ってましたが、風の様に去っていきました。寒い寒いと思っていましたが、渡りの季節、もう始まっていました。

2012年3月22日 (木)

ひなひばり

20120303e5d259 ヒバリ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 そういえばひな祭りも過ぎ去ってしまいましたが、我が家の雛人形は今も飾ってあります。そのうち五月人形と入れ替えるまで飾ってあります。車を停めたらいきなりヒバリが飛んできて留まって固まってしまいました。折角なので車の窓を開けて撮らせてもらいました。
20120303e5d256  ヒバリの雌雄なんて全く見分けつきませんが、なんとなくこちらが♀のような気がします。こちらがお雛様で、冠羽立てたほうが、烏帽子ではないですがお殿様かなと。確証はありませんが。

2012年3月21日 (水)

食卓拝見II

20120303e5d226 ハクセキレイ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 白っぽい鳥を待っていたら背後にハクセキレイ、君じゃないといいながらカメラは既に連写モード。我ながら節操ないのにあきれてしまいます。
20120303e5d231_2  ここでもやっぱり芝の中から虫の幼虫を見つけました。ちゃんと見つけているようなんですが、ハクセキレイの視野からはどんな景色が見えているのでしょう?
20120303e5d236  また何か見つけたようです。やっぱ芝生には薬まかないほうがいいみたいです。

2012年3月20日 (火)

すぷりんぐ

20120303e5d183 エナガ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 やっぱり春はいいですね。肌寒いこの日でしたが、公園ではスポーツする若者で賑やかでした。そして鳥達も弾んでいました。
20120303e5d17  エナガは少しもじっとせず、枝の間を飛び回ります。
20120303e5d181こっちでもぴょん、あっちでもぴょん
20120303e5d175  シジュウカラと一緒にぴょんぴょん。
20120303e5d185  シジュウカラが右に飛べば、
20120303e5d206  エナガは左にぴょん!

2012年3月19日 (月)

胸張って羽ばたけ!

20120303e5d163 ヒドリガモ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 公園のお池にはヒドリガモのみ。オシドリが入ってたこともあったのになぁ~。でもヒドリガモ意外に寄らせてくれないので、此処の近さは魅力的です。
20120303e5d164  一羽水浴びをしていました。お、こいつ絶対羽ばたくな!と思い注目。
20120303e5d166  やっぱり羽ばたいてくれました。水玉が少しだけ飛び散りました。
20120303e5d167  ヒドリガモはしっかり胸を張って羽ばたいてくれました。
 

2012年3月18日 (日)

コゲラの小枝渡り

20120303e5d151_2 コゲラ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 ナンキンハゼの木に、逢いたい鳥さん来ないかなと待ってましたが、代わりにコゲラがやって来ました。
20120303e5d152  小枝を危なかしげに渡っていきます。コゲラもハゼの実が大好きなんですね。
20120303e5d157  先端に残った実を食べてぶらぶらと揺れていました。

2012年3月17日 (土)

食卓拝見

20120303e5d139 セグロセキレイ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 いい声が聞こえてきました。フェンスの上でセグロセキレイが囀っていました。
20120303e5d147  公園の広場では3羽のセグロセキレイがお食事中。一番近い食卓にお邪魔させていただきました。虫を見つけたようですね。
20120303e5d148  それからまるで葉巻のように咥えました。
20120303e5d149  芝生の上には気づかないけれど、餌となる虫がたくさん居るのですね。

2012年3月16日 (金)

スズメの忍術学園

20120303e5d140 スズメ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 公園の隅にスズメが群れていました。
20120303e5d143  芝生の上を漁る個体よりも、後の「石垣」にへばりついた個体が気になりました。溝の間に食べものが居るのでしょうか。
20120303e5d142  実は、ここはスズメの忍術学園で、城の石垣を登る訓練をしているところだったりして。

2012年3月15日 (木)

運命の日

20120303e5d044 それから最近ご無沙汰してたお池にも寄ってみました。まだスズガモやキンクロハジロが残ってましたが、クロツラヘラサギの姿は此処にもありませんでした。
20120303e5d046 スズガモ 
EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 車を停めるとスーとカモたちは遠ざかってしまうのですが、羽繕い中のこの1羽だけは、逃げ損ねたが、白いお腹を見せていました。抜けた羽が近くに浮いてます。
20120303e5d049  今季よくお逢いするミコアイサが浮いてきました。雌だけ1羽残っているようです。それでも池の真ん中から向こうでした。
20120303e5d057  近くに浮いてくるのはおなじみのオオバンと、
20120303e5d052  カイツブリでした。この日は水量が多く、シギ類などは見かけませんでした。
[お断り]今日のタイトルは記事とはなんの関係もございません。悪しからず。

2012年3月14日 (水)

ホワイトデー

20120303e5d179 エナガ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 この日は白い初見鳥を探しに、I公園へ。1週間前の情報だからもう居ないだろうと思ったが、昨日も居たとか。しかしながらこの日は周辺でスポーツ真っ盛り。そのためなのか本命鳥は出ず仕舞でした。まあしょうがないのでこの日逢えた白っぽい鳥のご紹介です。トップはエナガさん。この冬はE公園で見かけないので久々でした。何時見ても可愛いです。
20120303e5d261  2番手はハクセキレイ、背中がもう鮮やかに黒くなっていました。水路をちょこちょこ歩いて川虫なんかを食べています。
20120303e5d213  そしておまけにコブハクチョウ。此処には1羽だけ居ました。T公園の白鳥の子孫なのかな。このI公園、残念なことに昔レンジャクが留まった木がなくなっていました。

2012年3月13日 (火)

鳥になりたい

20120303k20d111 カワウ K20D + A★1200mmF8 ED
 僕、カワウ、堤防で日向ぼっこをしていたら、カラスの野郎が邪魔しに来た。同じ黒い衣着ていても、君とは一緒に居たくないんだい。
20120303k20d112  そこで堤防の上から、えいやって跳んでみたんだ。鳥人間コンテストのように、すーとお空を滑れるかなぁと思ってさ。
20120303k20d114  だけど、飛べない飛行機のように落ちてっちゃった。ああ鳥になりたい。え、僕って鳥だったんだ。あんまり気持ちがいい天気なのですっかり忘れてた!

2012年3月12日 (月)

独り占め

20120303e5d037 ウミアイサ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 アオアシシギに気をとられていたら、ウミアイサも近くに浮いてきました。雄の嘴の朱が綺麗です。
20120303e5d040  近くに居た雌が何かを捕まえて浮いてきました。水しぶきが見えます。獲物がじたばたしているのでしょう。
20120303e5d041  拡大してみました。蟹でしょうか?足のようなものが見えます。雄がスーッと近づいていきます。
20120303e5d042  雌はオスに採られまいと思ったのか、水の中に顔を突っ込んで食べてしまいました。

2012年3月11日 (日)

喝!

20120303e5d021 アオアシシギ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 3月も雨ばかりですが、この日だけはいいお天気でした。午前中に少しだけ、河口へ行きました。潮の加減も悪く、クロツラヘラサギらはお留守でした。カモメ類も沖に出ています。そんな中、アオアシシギだけが手前をひょこひょこ歩いていました。
20120303e5d024  時々、水の中を漁ります。嘴から水玉が滴りました。
20120303e5d026  そしていきなりの「喝」です。震災の復興がなかなか進まない現状に対してでしょうか?それとDBにすら勝てないEに対する喝だったのでしょうか?まあ、オープン戦の成績はどうでもいか。
20120303e5d029  カキガラの付いた石の下には何かおいしいものがいそうでした。

20120303k20d104  一通り食事が終わるとブロックの陰に入って一休みしました。K20D+A★1200mmF8 ED

20120303e5d135  そして、黙祷

2012年3月10日 (土)

また見~つけた!

20120226fz005 ミヤマホオジロ FZ150×1.7
 2月最後の日曜日も、公園へと出かけましたが、一転して静かな公園に逆戻り。あのマミチャジナイはもう居ませんでした。それでも、藪の中からミヤマホオジロが出てきてくれました。今季はもう見れないだろうと思っていました。
20120226fz006  雪が無いとやっぱり愛想悪いようです。
20120226fz011  と思っていたら目の前の木に留まりました。たくさん撮ったけれどみんな向こう向いていて眼が写っているのは1枚だけでした

2012年3月 9日 (金)

青空干潟

20120219e5d101 シロチドリ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 久々に干潟に行って見ました。なーんも居らんと思ったが、かろうじてシロチドリがちょろちょろしてくれました。
20120219e5d099  水に映った自分の顔をじっと見ているようです。
20120219e5d095  反対側からもう一羽来ました。こちらの方が頭が茶色いですね。
20120219e5d094  この子はしっかり水を飲みました。お口直しだったのかもしれませんが。干潟に映った青空が綺麗でした。

2012年3月 8日 (木)

見ーつけた!

20120219e5d073 アオジ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 この日の公園散歩も終わりに近づいた頃、生垣の中にちらちらと動く影が見えました。そっと近づいて待っていたらアオジが現れました。地鳴きの声は聞けども姿を見たのは久しぶりです。
20120219e5d077  さらに粘っていたら、大段に寄ってくれました。頭がはげているようですが、たまたま光が此処だけに当たっています。
20120219e5d079  一生懸命食べ物を探しているんですね。
20120219e5d084  それから向きを変えて、また茂みに中に消えていきました。

2012年3月 7日 (水)

黒まわし

20120219e5d063 シジュウカラ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 シジュウカラが大きな声で鳴いていました。まだ囀りではなくて地鳴きです。このシジュウカラ、お腹のふんどしが異様に太いです。今まで記録した中で最も太いのでは。これはもうふんどしではなくてまわしに違いない。
20120219e5d064  スポットライトが当たるステージに留まりました。照明さんもいい仕事をしてくれました。
20120219e5d065  この角度では頭がペッタンコです。角刈り風シジュウカラ。
20120219e5d069  この角度ではいつもの丸い頭でした。あごひげも濃いシジュウカラでした。

2012年3月 6日 (火)

ミコパンダ2×8

20120219fz203 ミコアイサ FZ150×1.7
 珍しく公園の中央付近にミコアイサが居ました。しかも♂2、♀8、計10羽の大所帯。東北でも見た記憶が無いような数でした。
20120219fz205  散歩する人を恐れたか、向きを変えて飛び始めました。
20120219fz206  こうなるとまるでパニックです。水の上を駆けています。この後落ち着いた場所は、さっきまで居たキャンプ場の近くでした。そっちを散歩する人も多いはずと思い待っていたら、
20120219e5d058  案の定、飛び出してきました。デジ一に持ち替えて待っていましたが、かつかつピントが合ってたのはこの1枚だけでした

 

2012年3月 5日 (月)

ドラミングコゲラ

20120219e5d048 コゲラ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 マミチャをまっているとコゲラもやって来ました。このところコゲラには毎週のように逢ってますね。
20120219e5d047  ドラミングの瞬間です。うまいこと頭をぶらして撮れました!
20120219e5d050  その後何かほじくっています。ご馳走が潜んでいるのかな。

2012年3月 4日 (日)

328でマミチャ

20120219e5d009 マミチャジナイ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 この日は地面に降りることはありませんでしたが群れで動き回るので、群れが留まりそうな木の下でじっと待ってみることに。多くの個体は警戒して留まろうとしても飛んでしまいますが、これだけ数が居ると、例外が少し居ました。
20120219e5d004  そうは言っても小枝の中からじっとこちらの様子を窺っていたりします。
20120219e5d011  マミチャとシロハラは実はよく似ていることに気づきました。声なんかそっくりだしパッと見背中の色も同じオリーブ系。今までシロハラと思って見逃していたことがあるかもしれませんね。
20120219e5d037  晴れ間が覗いて日が差してきました。ようやく綺麗なマミチャが撮れました。

2012年3月 3日 (土)

被りヤマガラ

20120219e5d041 ヤマガラ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 マミチャが留まるのを期待してたら、代わりにヤマガラが来てくれました。流石にマミチャジナイはこの距離には来てくれないようです。
20120219e5d039  ヤマガラも忙しなく動き回ります。枝や小枝被りばかりです。
20120219e5d043  松の木の陰に入って一休み。ここでしばらくまったりとしていました。やっぱり被り物が邪魔でした。

2012年3月 2日 (金)

落ち着かない

20120219e5d015 マミチャジナイ EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 3週連続であの公園へ。この日は朝出ようと思ったら雪が激しく降り出しました。なくなくあきらめていたら昼から晴れ間が出て、あっという間に雪が蒸発してしまいました。それでも公園の木陰には残っているかと思ったのですが、まったくありません。それでもこの日は藪からマミチャジナイが湧いてきて100羽くらいの群れが飛び回ったり、木に留まったり大騒ぎでした。
20120219e5d022  マミチャジナイとツグミは確認できましたが、シロハラ、アカハラなどは見つけられませんでした。木に留まったところをじっくり判別しようと思うけれど落ち着きません。
20120219e5d023  猛禽類がちょくちょく空を飛ぶのです。このときはハヤブサが飛んでいきました。みんな慌てて下へ向かって逃げています。
20120219e5d024  他にオオタカやハイタカらしいのも飛んでいきました。でも撮れたのは、ゆったり飛んでくれるノスリだけ。先週の個体と同じなのかもね。それはともかく、2週間以上、マミチャの群れは此処に留まっていました。

2012年3月 1日 (木)

ろくろ首??

20120212e5d088 ホオジロ  EOS5DMKII + EF300mm F2.8L IS USM + EF2XII
 最後はまたホオジロが見送ってくれました。木立から地鳴きが聞こえるなあと思っていたら手前に留まっていました。
20120212e5d090  ずっと覗いていたら首がニューと伸びてきました。くわばらくわばら、妖怪ホオジロだったようです。
20120212e5d092  隣で雄が見てみぬふりをしてましたとさ。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

フォト

カテゴリー