• 20200517k1i059
  • 20200517k1i062
  • 20200517k1i063
  • 20200517k72028
  • 20200517k72036
  • 20200517k72047
  • 20200517k72006
  • 20200517k72010
  • 20200517k72038
  • 20200510k72020

« 残しもの | トップページ | この背中が見えぬか »

2012年4月11日 (水)

おっかけヒドリガモと白いオオバン

20120401fz042 ヒドリガモ FZ150×1.7
 水路は歩道からは生垣に邪魔されてほとんど見えません。それでもところどころ、切れているところがあってそういう場所では、近くを鳥が泳いでいることも。この時はヒドリガモのペアが泳いでました。雌は僕に構わず、眼の前を通過していきました。
20120401fz044  躊躇して止まっていた雄の方は意を決して雌を追いかけ始めました。できるだけ僕をびびらそうと怖そうな顔をしているようです。緊張しているのかもしれません。
20120401fz045  前を通り過ぎます。きっと心臓がばくばく言って居るのでしょう。それにしてもぬいぐるみみたいで可愛いです。
20120401fz039  それを見ていたオオバン、ここのも背中が白く光っていました。春先は羽の構造に変化が起きて光を反射しやすくなるのかしらん、などと想像してしまいます。

« 残しもの | トップページ | この背中が見えぬか »

ヒドリガモ」カテゴリの記事

オオバン」カテゴリの記事

コメント

「よくできました」と,
はんこ押してあげたい気分ですね〜

桜の形したはんこですね~
ヒドリガモはカカア天下のようです。きっと夫婦円満でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 残しもの | トップページ | この背中が見えぬか »

フォト

カテゴリー